AKB48 宮崎美穂 評価

AKB48

宮崎美穂 (C) ORICON NewS inc.

「冗長の極み」

宮崎美穂、平成5年生、AKB48の第五期生。
才能を把持しない人間が、10年以上、アイドルとしての活動を継続する、文芸の世界に生存する、これはなによりも妥協を手懐ける手腕が必要だろう。数あるアイドルグループの中でもAKB48に10年以上居座るというのは並大抵のことではない。アイドルとしての実力は無いが、世を渡るのが上手いのだろう。
アイドルの扉をひらき、自身がスケッチするアイドルの上に奇跡のようにきらめくポテンシャルが降り注ぎ、次世代を担う若手、将来のセンターを約束された若手としてファンを期待感で包んだ、少女の時代から、その期待感が朝露のように消えていくのを傍観した青の時代まで、余すことなく語り、醜態を晒し続けている。凡庸なアイドルではなく、ひと握りの、境遇に恵まれたアイドルだけに約束された数奇な成功がたしかに彼女の眼前にあったようだ。しかし結局それを掴めずに減退して行った。宮崎美穂は「減衰」がテーマになったアイドルの代表格と呼べるだろうか。
膨大な可能性を提示したままなんら夢をつかめずに芸能の世界から消えていく少女は多い。宮崎美穂に運の良さを感じるとすれば、それはAKB48によって可能性を探るという「アイドル」の存在が職業として成立し、「アイドル」がプレステージになったことだろう。才能がなくても”食える”わけである。
こうしたアイドルの物語に特筆すべき場面があるのか、と問われたならば、”再読には値いしないが退屈しのぎにはなるレベル”とこたえるほかない。だが、アイドルファンがアイドルへ向け批評の矢を放つとき、5年10年と積み重ねられた
アイドルの物語の評価基準をどの段階に定めるべきか、という難題を提起し続ける存在である点は、あるいは功績なのかもしれない。
グループアイドルとして活動し、物語を書きつづけて行く以上、自身の全盛期ではなく、減衰していく資質と実力、つまり現在の姿形(醜態)を最前線で闘うアイドル、たとえば乃木坂46が放つ輝き、可能性と併行して評価されることは、けして避けられない。才能豊かな少女たちを前にして、自身に秘められた可能性、その器の狭小さを看破され、アナザーストーリーの一つ一つを記憶の消しゴムでなぞられてしまう……、それは宮崎美穂のみならずAKB48に所属する大多数のアイドルが抱える恐れや不安、苦渋と云えるだろう。

 

総合評価 34点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 6点 ライブ表現 7点

演劇表現 4点 バラエティ 11点

情動感染 6点

AKB48 活動期間 2007年~

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...