AKB48 星野みちる 評判記

AKB48

星野みちる(C)どんどんぶろぐ/AKS

「逆光」

星野みちる、昭和60年生、AKB48の第一期生。
歌を得意とする。卒業後は、シンガーソングライターとして活動した。現役当時、同じ1期である前田敦子と夢の青春の交歓、稚気を描き出すなど、歴代のファンの関心を誘うだけのエピソードもそれなりにもっている。
笑うと口がハート型になるそのキュートな一面に象徴されるように、星野みちるというアイドルの特徴、一種の性(さが)は、生まれつきのアイドルが、偶然をきっかけにAKB=アイドルの門をひらいたことで、芸能の世界で生きる限りつねにアイドルでありつづけなければならない業を負った、という点になるだろうか。
秋元康がはじめて首を縦に振った『ガンバレ!』、卒業後に制作した『楽園と季節風』『逆光』などを聴けば明らかだが、作風こそ違えど、そのいずれも「アイドル」の枠から抜け出ない。愛惜に枯れている。
卒業してもなお、創作においてアイドルというカテゴリーを一歩も出ることができなかった点は、前田敦子をはじめとする平成のアイドルのなにがしかを先取った登場人物と云えるかもしれない。

 

総合評価  56点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 14点

演劇表現 9点 バラエティ 9点

情動感染 11点

AKB48 活動期間 2005年~2007年