AKB48 星野みちる 評価

AKB48

星野みちる(C)どんどんぶろぐ/AKS

「逆光」

現在のアイドルシーンのなかにあっては突出した物語の書き出しとは云えないが、小嶋陽菜が象徴するように、星野みちるもまた”結果的にアイドルになってしまった”人物である。グループアイドルの不完全さが作る群像劇を成立させる要因とは、「前田敦子」のような圧倒的な主人公の集合というよりも、その整列を仮装する”結果的にアイドルになってしまった”人物たちがそなえる不気味な可能性にあるのだろう。本来アイドルになるべきではなかった人物、”ここではない別のどこか”に居るべきだった少女が青春の犠牲を受け入れてアイドルを演じる、その所業によって発生するズレが言いようのない希求力を発揮しファンを物語の共有作業に没頭させる…。
興味深いのは、”結果的にアイドルになってしまった”少女が日常を演じる日々を通過したことによって、アイドルからの卒業後、どのような物語を描いても、どれだけ足掻いても”結果的にアイドルになってしまう”点である。星野みちるもこの現象に囚われる、”結果的にアイドルになってしまう”人物である。
卒業後に描くシンガーソングライターとしての物語、姿形、透明な湿り声や醒めた冷たさのなかにアイドルの”ジャンルらしさ”の後遺症があり、その遠い記憶への呼応とは、笑うと口がハート型になるキュートなビジュアル(ちなみに、二人目の「星野」である乃木坂46の星野みなみも笑うと口がハートを形づくる)からうける印象に因るのではなく、小柄ながら落ち着き払い堂々とした立ち居振る舞いや仕草が作る倒錯から買う印象でもなく、シンガーソングライターとして生きることを渇望した彼女が歌を唄うときに作る外連の内から拾うのである。だから、彼女がどのような楽曲を提供しても、アイドル時代の物語を超える量の物語を書いても、星野みちるは”結果的にアイドルになってしまう”のである。アイドルを、日常を演じた経験に対する反動を抱えていない人物でありながらも、アイドルという”ジャンルらしさ”があたえるイメージをいつ迄も払拭できずにいる人物と映ってしまう逆光の存在から、AKB48の第一期生・星野みちるのアイデンティティとは「愛惜」と云えるかもしれない。

電車の揺れが伝える移動距離の長さと時間の永さ、つまり「退屈」は多くのアイドルを現実感覚で縛り付け、憂鬱を抱かせる。憂鬱は、少女にアイドルという架空の世界から旅立つ決心を掴ませる。星野みちるは、この憂鬱が降る退屈な時の流れを、アイドルのさき、あるいは横に置かれた、唄うこと、詩を書くこと、シンガーソングライターになる、という夢の所持によって希望にすり替える地道な実行力をそなえた人物であった、と呼べる一方で、秋元康がはじめて首を縦に振った『ガンバレ!』、卒業後に制作した『楽園と季節風』、『逆光』と自己批評にすら映る楽曲群が示すように、日常に侵食する音ではなくガーデニングチェアの上に置かれたラジカセから流れてくるような聴く者の人生を変える”影響力”を決定的にもたない音が示すように、他者を衝き動かす批評空間を作らないアイドルでもあったことが「愛惜」につながった、と云ったら皮肉にきこえるだろうか。

 

 

総合評価  55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 14点

演劇表現 9点 バラエティ 9点

情動感染 10点

AKB48 活動期間 2005年~2007年

評価点数の見方