AKB48 ヤンキーロック 評価

AKB48, 楽曲

マジすか学園4|日本テレビ

「真っ暗な青春」

 

今回はロックがテーマ。以下、転載。
楽曲が、マジすか学園シリーズをとおして自己模倣に陥っていると感じるのは、テーマ、コンセプトを明確に定めている(固定している)からである。ラップ調の曲をアイドルに歌わせるのと同様に、ヤンキーの立ち居振る舞いをとらせるのは、少女たちにアイドルを演りきる覚悟の要求として機能する。「ダサイ」という感覚を放棄して、滑稽なすがたを真面目な顔でみせる茶番への抵抗感を排除するのが目的である。だから、用意された科白も徹底的に「ダサイ」ものが配置されている。だれよりもはやく、その”ダサイ世界”にのめり込めれば、松井玲奈のようにスリムチャンスをものにすることができるだろう。しかし、そのようなきわめて内側の事情をファンがどこまで許容するべきなのだろうか、という疑問は看過できない。提供された楽曲が、アイドルの現在とリンクしているのであれば、許容は容易い。(百合を咲かせるか?評価より)

 

総合評価 33点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 5点 歌詞 3点

ボーカル 10点 ライブ・映像 7点

情動感染 8点

 

歌唱メンバー:内山奈月、大島涼花、大和田南那、加藤玲奈、小嶋真子、白間美瑠、須田亜香里高橋朱里谷真理佳松村香織向井地美音、矢倉楓子

作詞:秋元康 作曲:chalaza  編曲:野中“まさ”雄一

評価点数の見方