STU48 誰かがいつか 好きだと言ってくれる日まで 評価

STU48, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

岡田奈々さん(@okada7_akb48_stu48)がシェアした投稿

「相思相愛は奇跡に近いのかもしれない」


恋愛を比喩ではなく、素朴に、ありのままに、しっかりと丁寧に描写している。これは簡単にみえて実は難しい。

だれでも想像し、不安をする、それでも”勝手に”経験してしまう。女性の、恋愛に対してだけは相手の発言を深読みし、(勝手に)孤独な闘いを繰り広げるという滑稽さ(しかし、それから逃げられる者などいないのもまた、事実である)を上手に述べている。
ただし、「餃子」というワードの使用に、どうしようもなく、救いようがないくらいに、センスの悪さを感じてしまう。「話題を変える」「脈絡のなさ」を補完するために作詞家が用意したのが「餃子」だったのだが、これは、それまでに描写した「私」に対する、受け手の創造を裏切る行為である。こういった想像の外側に回り込もうとする文体とは、文学的と云えるのだが、この「餃子」にそのような狙いがあるとは、おもえない。「今どきの女性」の目線に降りたつもりになって、若者との距離感を壊そうと企む作詞家のピュアな部分がにじみ出ただけである。やはり、センスがない、と簡潔に、一言で評価するのがベストだろう。

現代日本人の、恋愛を真面目に語る行為を滑稽とする姿勢や、恋愛に対して無理解と無感動を標榜する彼らの琴線に触れようと、真剣とも茶番とも捉えられないような視線で恋愛を描いた、という点は、手腕がある、と評価できる。

恋よ、そなたゆえ、わたしたちは喜びを見出そうとして、なんという狂態を演じたことだろう!

(スタンダール「赤と黒」)

アイドルが私たちファンの前で狂態を演じるとき、それは、ほとんどの場合、やはり恋愛の力によるものだろう。
この『誰かがいつか 好きだと言ってくれる日まで』のような楽曲の存在は、恋愛に対する寛容さを無意識のうちに育む効果があるのかもしれない。

ボーカルについては、岡田奈々の存在に助けられている、とつよく感じる。このような場面の積み重ねで、STU48における彼女の存在理由が満たされいくのだろう。

 

総合評価 71点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 17点

ボーカル 14点 ライブ・映像 10点

情動感染 15点

 

引用:見出し STU48 誰かがいつか 好きだと言ってくれる日まで

 

歌唱メンバー:磯貝花音今村美月岡田奈々瀧野由美子、薮下楓

作詞:秋元康 作曲:木下めろん 編曲:木下めろん

評価点数の見方