乃木坂46 あんなに好きだったのに… 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)乃木坂46LLC

「風の向きが変わり始めた頃」

歌詞、楽曲について、

21枚目シングル『ジコチューで行こう!』のカップリング曲。第38回全国高等学校クイズ選手権の応援ソング。
『僕だけの光』『泣いたっていいじゃないか?』に続く夢への応援歌であり、まず間違いなく若者の目線を意識した作品だが、前2作から作風をおおきく変えている。今作には若者の夢への衝動を後押しするようなメッセージは込められておらず、「恋愛」を歌っている。

風の向きが変わり始めた頃、クラスメイトを殴った教師に教科書を投げつける、など、作詞家・秋元康らしいアナクロな世界観を作っており、微笑ましい。あくまでも、大人になってしまった人間としての啓蒙、という姿勢に一貫している。こういう恋愛もあるんだ、とか、恋愛のはじまりは往々にしてこういうものなんだ、とか、そうした押しつけではなく、ひとつの物語を語ることで、しかもそれが作詞家の実体験であるかのように語ることで、若者の背中を押そうとしている。詩情そのものを窺えば、陳腐な設定であり写実味に乏しいものの、物語としての結構はしっかりとしている。ただ、これを言ったら元も子もないが、音楽の魅力に乏しく、これを繰り返し聴こうとはとてもおもえない。

 

総合評価 46点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 8点 歌詞 12点

ボーカル 7点 ライブ・映像 10点

情動感染 9点

歌唱メンバー:秋元真夏生田絵梨花井上小百合、岩本蓮加、梅澤美波、衛藤美彩大園桃子、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、新内眞衣、鈴木絢音、高山一実、西野七瀬、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、山下美月、与田祐希、若月佑美

作詞:秋元康 作曲:木下めろん 編曲:木下めろん

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...