乃木坂46 あんなに好きだったのに… 評価

乃木坂46, 楽曲

(C)乃木坂46LLC

「風の向きが変わり始めた頃」

歌詞について、

客観的にみれば呆れ果てるような出来事でも、「片想い」という「無償」のパワーのおかげで主人公の「僕」は活力に満ち溢れていく。「僕」は「君」の日常の立ち居振る舞いから、自分にとっての都合の良い解釈、解答をどんどん得ていく。片想いの「君」を、知れば知るほど好きになってゆく。この、なにが起きても、とにかくなんだって許せてしまう「僕」の状態を「無償」と呼ぶのならば、この種の情動を引き起こす人間の視点をうまく描けている、と云えるかもしれない。しかも恋愛だけではなく、日常における些細な出来事も対象にしているようだ。つまりは、タイトルから期待する「転向」とは真逆のテーマを置いており、肩透かしを食う。やや退屈だ。例えば、好意を抱いた人間を観察していくうちに、理想との乖離と遭遇し、少しずつだが、しかし確実に恋愛という行為自体が「僕」にとって面倒くさいものに変質するような、現代人の性向を描くテーマであれば、きっと、おもしろいと感じたはずだ。あるいは、この「僕」の観察の行く末に、「君」が自分以外の人間に恋をしていて、その対象が、「僕」が激しく嫌悪する人間であった、など、そういった通俗的な”オチ”が用意されていれば、おもしろい楽曲に映ったかもしれない。
「風の向きが変わり始めた頃」や「クラスメイトを殴った教師に」など、歌詞のなかで使用されている言葉のセンスは良い。作詞家の個人的体験の想起とまではいかないが、安易な想像力に頼らずに写実という観点を看過していないと評価できる。

 

総合評価 47点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 9点 歌詞 12点

ボーカル 7点 ライブ・映像 10点

情動感染 9点

歌唱メンバー:秋元真夏生田絵梨花井上小百合、岩本蓮加、梅澤美波、衛藤美彩大園桃子、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、新内眞衣、鈴木絢音、高山一実、西野七瀬、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、山下美月、与田祐希、若月佑美

作詞:秋元康 作曲:木下めろん 編曲:木下めろん

 

乃木坂46 北川悠理 評価

「趣味は空を見ること」 北川悠理、平成13年生、乃木坂46の第四期生。 ヒステリ ...

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...

日向坂46(けやき坂46) 丹生明里 評価

「類を絶した純白さ」 「何もかも忘れてしまいなさい。私たちはみんな温かな泥の中か ...