乃木坂46 地球が丸いなら 評判記

のぎざか, 楽曲

地球が丸いなら(C)乃木坂46LLC

「流木はようやく 岸へとたどり着く」

楽曲、歌詞、ミュージックビデオについて、

一種の静的リリシズムへの傾倒か、印象的な比喩が繰り返される。しかし、いまいちツボにはまらない。
虚構と日常の境界線が鮮明であり、アイドルの作る演技から零れ落ちるべき本来の日常、それが作り手の本の中に予め用意されているとつよく感じる。だからか、アイドルの仕草すべてが意図的な配置にみえる。アイドルに対し日常の再現といった演技要求がなされた場面と、本物の日常(素顔)を保存しようと試みた箇所が明確に判別できる所為で、冒険譚ではなく、ただの「慰安旅行」にみえる。

 

総合評価 54点

聴く価値がある作品

(評価内訳)

楽曲 10点 歌詞 14点

ボーカル 10点 ライブ・映像 13点

情動感染 7点

歌唱メンバー;大園桃子、齋藤飛鳥、与田祐希

作詞: 秋元康 作曲:山下孝之 編曲:山下孝之

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...