NGT48 ポンコツな君が好きだ 評判記

NGT48, 楽曲

ポンコツな君が好きだ ジャケット写真(C)NGT48

「ポンコツな君が好きだ」

楽曲、歌詞について、

NGT48の7枚目シングル。センターには前作から引き続き小越春花が立つ。
表題作のセンターポジションに2作品連続でおなじ少女が立つ、これはNGT48の物語にあって、はじめての出来事。他のアイドルグループが一人の強い主人公によったストーリーを編み上げるなか、NGT48は日替わりセンターとでも言うべきか、高倉萌香加藤美南を中心に置いたメジャーデビュー以前、中井りかをセンターに配したメジャーデビュー以後と、とにかくコロコロとセンターを変えてきたが、ここにきてようやく軸が定まりつつある。強い主人公の誕生が叶った、ということなのだろう。
歌詞カードを読むと、「ポンコツ」という、アイドルファンがアイドルに惹かれる一つの魅力をストーリー仕立てでうたっている。定形を脱する衝動=才能の一つとして、つまりアイドルの魅力の一つとして「ポンコツ」に着目している。センターに選ばれた少女のイメージを打ち出そうとしているのだろうか。あるいは、作詞家から眺めた「小越春花」の魅力、となるのだろうか。であれば、作詞家・秋元康に、少女の魅力を探ろうと行動させる、他者を衝き動かす力を小越春花は宿している、と、やや大げさだが表現できるかもしれない。グループにおけるこれまでのセンターとは一線を画した存在感を小越は持っている、と。
凡庸な少女に魅力を見出す。それが好きだ、とタイトルに大胆に打った。この点から、今作品は標準的なアイドルポップスであると同時に、王道的アイドルソングと呼べるだろう。
また、今作は作曲家に杉山勝彦を迎えている。シーンの主流となった乃木坂46の、その成功を支え続ける作曲家の作品が、他のグループではどのように響くのか、という視点にも興味深いところがある。

ミュージックビデオについて、

ドラマを作り、アイドルの個々に演技要求している点は好感を誘うものの、作品そのものについては「冗長」の一言に尽きる。才能ある監督ならば、この導入部を15秒で語るだろう。登場人物の会話に頼って状況説明をしてしまう、これは才能のない書き手の一つの特徴である。

 

総合評価 57点

聴く価値がある作品

(評価内訳)

楽曲 12点 歌詞 12点

ボーカル 12点 ライブ・映像 9点

情動感染 12点

歌唱メンバー:安藤千伽奈、大塚七海、小越春花、小熊倫実、川越紗彩、佐藤海里、清司麗菜、對馬優菜子、中井りか、中村歩加、奈良未遥、西潟茉莉奈、古舘葵、諸橋姫向、藤崎未夢、本間日陽

作詞:秋元康 作曲:杉山勝彦 編曲:杉山勝彦、石原剛志

 

乃木坂46 5期生 注目度ランキング

「百花繚乱」 乃木坂46がデビュー10周年を迎えた2022年、新たに11人の夢見 ...

SKE48 森紗雪 評判記

「命がけでジャンプして!」 森紗雪、平成8年生、SKE48の第一期生。 2008 ...

SKE48 松下唯 評判記

「儚い原色の夢」 松下唯、昭和63年生、SKE48の第一期生。 ライブパフォーマ ...