NGT48 中井りか 評価

NGT48

中井りか (C) 木村陽仁/ 2019. MusicVoice

「感情こそが青春」 

中井りか、平成9年生、NGT48の第一期生であり、初代センター。
アイドル界に彗星の如く現れたホープレスルーキー。中井りかは、ある意味では、現在、もっとも注目を集める、衆目を浴びる若手アイドルと云っても良い。観者に「今回だけは黙って見過ごせないぞ」と行動させる特別な力をもっている。

ビジュアルについては、キュートな姿形をそなえており、平均点以上の評価を付けられるが、あらゆる場面において表情がまったく変化しないというのは、なんだか少し、不気味である。まるで、内側から滲み出て来ようとする得体のしれない”なにか”を必死に食い止めているような硬直した表情、笑顔を彼女はみせるのだ。その圧しころした叫びとは別に、彼女は葛藤を惜しげなく披露する。中井りかは、過剰な葛藤をファンにむけて吐露するタイプのアイドルである。しかもそれを「アイドル」の葛藤としてではなく、「本来」の日常における葛藤に塗り替えて披露する。つまり、アイドルを演じながらも、しかし自分は普通の「女の子」なのだ、と過剰に訴えている。この葛藤を披露する姿、青春の犠牲をアッピールする姿勢が、ファンを含め、「大人たち」に自身の情動を感染させ、彼らを籠絡し、現在の豪華なキャリアを得たようである。しかし、これはひとことで云うと、品がない。特に口元が「お下品」である。口は災いの元と言うが、果たして彼女の場合には、どのような顛末がおとずれるだろうか。
アイドルの葛藤や苦悩とは、ファンが発見し、その意味を考えるべきものであり、アイドル自らが勇だって提示する類のものではない。青春の犠牲、あるいは青春そのものをファンとおなじ目線で共有しようと望み、仕掛けを作る…、なんとも矜持の欠落した行為である。しかもそれが易易と成立してしまう状態というのは、その狭い空間とは、アイドルとファン双方が幼く、未成熟な集合体と云えるのではないか。アイドルの耽美の現れ方のひとつに「秘すれば花」がある。彼女はそこからもっとも離れた場所に立つ、日常の演技と役割、つまりドラマツルギーを放擲するアイドルと云えるだろう。

なんで拝むんだってったら、天皇陛下は神様だって言うんですよね。
正直言って、子供心に納得いきません。天皇陛下が神さん?だって写真で見ると人間の形してますからね。
神様ってなんか形があるような、ないような、もし人間の形してるとしたら、腰から下は幽霊のようにフワァ~と何だかわかんなくなってる、そういうようなもんじゃないかというような頭を持ってましたからね。
ある日、親父がこうやって目ぇつぶってこうやって拝んでるとこへ行って、「ねえ、おとうちゃん、天皇陛下はウンコするの?」っつったら、いきなりバッカーンと殴られた(笑)。

(落語家・柳家小三治)

アイドル・中井りかの、おもいついたことをすべて口するような無防備さをよく表した場面ではないだろうか。父親は天皇陛下に対する侮辱で息子を殴ったというよりも、口にすべきではないことをあっさりと口にしてしまう、その純粋さと無防備さに腹が立ったのではないか。日本人として当たり前に備わっているはずの言葉への美意識、その欠如を憂いたのではないか。

ライブでの表現力、映像作品での表現力については、アイドル・中井りかに「資質」を投げつけられたことはまだ一度もない。圧倒的に経験不足。まだまだひよっこである。彼女と同時代を生きるアイドル、向井地美音、宮脇咲良と並ぶとき、中井の小柄な容姿がさらにひとまわり小さく感じてしまうのは、アイドルとして彼女たちとおなじフィールドに立ち、その存在感に圧倒されてしまった中井の潜在意識が浮き彫りになるからであろう。一方で、宮脇や向井地といったトップアイドルを圧倒する平手友梨奈や大園桃子、いわゆる”天才”のアンチ・テーゼ=特効薬として機能する人物に「アイドル」の枠組みからはみ出る中井りかの名が挙げられるのだから、面白い、興味の尽きない人物と云える。

 

総合評価 58点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 11点

演劇表現 5点 バラエティ 15点

情動感染 14点

NGT48 活動期間 2015年~

評価更新履歴
2018/10/09 演劇表現 4→5
2018/11/21 情動感染 12→14

 

乃木坂46 鈴木絢音 評価

「限りなく透明に近いブルー」 鈴木絢音、平成11年生、乃木坂46の第二期生。 現 ...

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...

海外ドラマとグループアイドル

「ウェントワース女子刑務所が面白い」 懇意にしているある劇団の、ある舞台女優から ...