乃木坂46 何もできずにそばにいる 評価

のぎざか, 楽曲

(C)夏のFree&Easy ジャケット写真

「何もできずにそばにいる」

楽曲、歌詞について、

9枚目シングル『夏のFree&Easy』のカップリング曲。センターは西野七瀬。
西野七瀬=泣き虫、というイメージに沿った歌詞を書いている。あるいは、当時のシーンに鑑みれば、生駒里奈への投影かもしれないが。
今作品が提供される以前の、たとえば『気づいたら片想い』のミュージックビデオで映像作家が作り上げた西野七瀬像を下敷きにしつつ、その西野七瀬を中心にしたグループが後日演じることになる楽曲群のあたらしい下敷きになるような詩を記している(たとえば、『ごめんね ずっと…』や『悲しみの忘れ方』)。そうした捉え方をするならば、表題曲のなかで”浮いてしまった”今シングルの表題作『夏のFree&Easy』とは対照的な趣をもった作品と云えるかもしれない。
今作品は一部のコアなファンのあいだで乃木坂46の隠れた名曲とされている。それはやはり楽曲の質はもちろん、『何もできずにそばにいる』がグループの物語を編む役割を担い、名曲と呼ばれる作品と連なりをもつからだろう。この楽曲に触れれば、グループが作った様々な時代の物語が頭によぎるのだろうし、グループのなかで燦然と輝く名作に触れた際に、目ざとい、コアなファンのうちの誰かが、きっと、この『何もできずにそばにいる』の存在を思い出すのではないか。
ただ、あくまでもこれはアイドルと楽曲の愛着を模索した際の感慨に過ぎず、詩情そのものをうかがえば、それはあまりにも現実性に乏しく、焦点が定まっていないようにみえる。

 

総合評価 57点

聴く価値がある作品

(評価内訳)

楽曲 13点 歌詞 11点

ボーカル 10点 ライブ・映像 11点

情動感染 12点

歌唱メンバー:秋元真夏生駒里奈井上小百合衛藤美彩斉藤優里桜井玲香白石麻衣高山一実西野七瀬橋本奈々未堀未央奈深川麻衣星野みなみ、松井玲奈、松村沙友理大和里菜若月佑美

作詞:秋元康 作曲:角野寿和 編曲:京田誠一

   

乃木坂46 憂鬱と風船ガム 評価

「憂鬱と風船ガム」 歌詞、楽曲、ライブ表現について、 14枚目シングル『ハルジオ ...

乃木坂46 Tender days 評価

「Tender days」 楽曲、歌詞について、 10枚目シングル『何度目の青空 ...

日向坂46 声の足跡 評価

「声の足跡」 ミュージックビデオ、ライブ表現について、 ドラマ『声春っ!』の主題 ...