乃木坂46 音が出ないギター 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)音が出ないギターミュージックビデオ

「ロックは俺のプライド」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

楽曲そのものはNMB48のイメージの使いまわしであり、魅力に乏しいが、どこまでアイドルに真面目になれるか、アイドルに対し真面目になるのがはずかしい、だからどこか茶化しながら語ってしまう、といった無垢なアイドルファンに向け、作り手の「妄想」がやはり無垢に問いかけており、乃木坂46の数多くあるカップリング曲のなかにあって独特な存在感をもっている。
夜明けの確信を妄想と言う、と云ったノーベル賞作家がいたが、この楽曲はまさにその「妄想」そのものだろう。作り手から差し出された「妄想」を、そのバカバカしい産物をあくまでも真剣に演じなくてはならない、悪ふざけを、しかし真面目に劇的に表現しなければならない、といった、抑圧というよりもある種の強制を少女が受ける場面、それはある意味では今日のアイドルシーンのイコンであり、シーンの凋落の主因であり、このような論評もまた、それを読む者をして、どこかバカバカしい、くだらない、揶揄すべき対象物である。

 

総合評価 45点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 7点 歌詞 6点

ボーカル 10点 ライブ・映像 11点

情動感染 11点

歌唱メンバー:生田絵梨花、生駒里奈、市來玲奈、伊藤寧々、伊藤万理華、井上小百合、岩瀬佑美子、衛藤美彩、川村真洋、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中田花奈、西野七瀬、能條愛未、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美

作詞:秋元康 作曲:Jam9、ArmySlick 編曲:シライシ紗トリ

引用:見出し、秋元康/音が出ないギター

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...