乃木坂46 心の薬 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)おいでシャンプージャケット写真

「心の薬」

歌詞、楽曲、ライブ表現について、

タイトル通り「自己回復」をテーマに定めている。ただ今作品に関しては、活力に満ち溢れた詩を口ずさむアイドルをながめることでファンが活力を得る、というアイドルの定形とも云える構図を、まだデビュー間もない少女たちに体験させることで「アイドル」の存在理由を理解させる、という企図のほうがおおきいように見える。ライブステージでの披露も、踊りを作らず生田絵梨花の伴奏にあわせた生歌での歌唱披露であり、デビュー前からかさねてきた歌唱レッスンの成果のお披露目会という趣旨がつよい。ライブ表現そのものについて問えば、それは当然、拙さに終始し、まだまだ未熟さを投げる。

 

総合評価 35点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 7点 歌詞 8点

ボーカル 7点 ライブ・映像 6点

情動感染 7点

歌唱メンバー:生田絵梨花、生駒里奈、市來玲奈、伊藤万理華、井上小百合、岩瀬佑美子、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中田花奈、永島聖羅、西野七瀬、橋本奈々未、畠中清羅、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、宮澤成良、大和里菜

作詞:秋元康 作曲:MIKOTO 編曲:木之下慶行

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...