櫻坂46 Nobody’s fault 評価

楽曲, 櫻坂46

(C)櫻坂46公式サイト

「洗っても落ちない泥だ」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

1st.シングル。センターポジションで踊るのは森田ひかる。
改名後、初の表題曲であり、チャプター2、シーズン2、あらわし方は様々だろうが、あたらしい物語のオープニングテーマ、イントロダクションの役割を担う楽曲ということだけあって、楽曲そのものの”イントロ”も凝っている。今作品の白眉は”イントロ”にある。主人公の森田ひかるの横顔をスケッチする導入部には、たしかに胸躍るものがある。「Nobody’s fault」の映像作品で描かれた森田ひかるの表情は、これまでのどの場面よりも強く美しく、新鮮で、可憐で綺麗だ。そういえば、櫻坂46に所属するアイドルに向けてこのような形容を用いたのは、はじめてかもしれない。あたらしい物語の、あたらしい主人公=センターに選ばれたことには必然的な理由がある、ということなのだろう。
しかしながら「表現」とはむずかしいもので、作り手のケレンがどれだけ洗練されていても、かれら彼女らの情熱が誤解されることなく観賞者に伝わるとは限らない。家郷が瓦解し、広大な世界に放り出された少女たちは、やがて、ブリタニアへ渡ったローマ人みたいに未踏の孤島にたどり着き、廃墟のようにみえる船を降りた。波しぶきを全身に浴びながら踊る少女たちからは、ここにもう一度家郷を建築する、という過去の物語を語り継ぐ決意とともに、次のまったくあたらしい物語を描こうともする胎動をつよく投げつけられるのにもかかわらず、作品の考察を試みるファンの眼には、アイドル、グループ、作り手のすべてが過去に囚われているようにみえてしまうのである。
グループの改名をまえにしたファンが予感し、期待したものとは、過去を語り継ぐ、ではなく、過去を断ち切る、でもなく、過去を一切持ち込まない、”あの頃”の思い出を両手に持たないアイドルである。要は、今後、アイドルが成長を果たすとき、その動機として過去のなんらかの出来事が語られてしまうような物語ではなく、登場人物の現在のみを鮮明に描いた、過去に縛られない、希望に満ち溢れた物語の誕生をファンは期待したのだ。

つまりは、もし”あなた”がこのような予感と期待を胸に抱いて「Nobody’s fault」の再生ボタンを押したのならば、それは作詞家・秋元康の狙い通りに事が運んだ、と云えるだろう。「Nobody’s fault」に記された歌詞を読めば、”あなた”のアイドルに向ける心境が見事に迎え撃たれ、作詞家の、アイドルとファンの成長共有に対する無垢なまでの希求に遭遇するはずだ。この筋書きをまえにしてしまったら、「Nobody’s fault」は、1st.シングルとして文句なしのクオリティを実現した、と評価せざるをえない。
ただし、ミュージックビデオ内で唐突に差し込まれる波濤(はとう)には、これみよがしなCG表現には、興を削がれる。減点。

 

総合評価 65点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 14点

ボーカル 10点 ライブ・映像 13点

情動感染 14点

引用:見出し、秋元康 / Nobody’s fault

歌唱メンバー:小林由依、森田ひかる、渡邉理佐、菅井友香、藤吉夏鈴、小池美波、山﨑天、田村保乃、武元唯衣、大園玲、守屋茜、松田里奈、尾関梨香、土生瑞穂

作詞:秋元康 作曲:デレク・ターナー 編曲:野中“まさ”雄一

 

乃木坂46 羽根の記憶 評価

「風が吹き始めたら 生まれ変わる」 歌詞、楽曲について、 12thシングル『太陽 ...

乃木坂46 北川悠理 評価

「趣味は空を見ること」 北川悠理、平成13年生、乃木坂46の第四期生。 ヒステリ ...

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...