SKE48 桑原みずき 評価

SKE48

桑原みずき(C)ORICON NEWS

「とにかく狷介」

桑原みずき、平成4年生、SKE48のオープニングメンバー。
平成年間を通し、もっとも狷介なグループアイドルであり、
アイドルの物語の大部分を政治闘争に費やし、架空の世界の上に広がる幻想の空に”ひび”を入れつづけたためか、現役時代のみならず卒業後でさえもファンから好意的に語られる場面がない。あたらしくグループに加わる少女たちに対する桑原の警戒心と用心深さは、グループの希望の光りを消し去るほど、あるいは、未来を捻じ曲げるほど陰険であり、迂闊に近寄ることのできないアイドルを完成させた。一方で、その剣呑な姿形が映す凄みや迫力、心の弱さは、一部の仲間たちから圧倒的な支持を受け、つよい信頼の獲得に成功する。同士と結ぶ絆の深みと血縁の濃さは、他のグループにはない独特な求心力を発揮し、アイドルグループとして、一筋縄ではいかない、濃密な家郷を建築する。同期から若手アイドルまで、この桑原へ惜しみない敬意を払い、忠誠心の深さにより、アイドルの儚い命までをも捧げることとなる(もちろん、そのような情動の拡がりがファンのこころにも侵食する、という事態は一切起こらず、桑原のアイドルとしての人気は振るわなかったのだが)。
こうした感慨、アイドルに対する物語をファンの心の内に発生させるところに桑原の本領があり、本懐がある。

だが、よりあたらしい、より才能豊かな若いアイドルの誕生と、その彼女を”推す”若いファンの参加によって、桑原はその存在感を徐々に奪われて行くことになる。あたらしい才能に敗れアイドルとしての人気が低迷する、といった典型に桑原も嵌まり、それらを裏付け、追い打ちされるように彼女は元来の求心力を失ってしまう。グループに対する桑原の突出した影響力も宿命的に枯れてしまった。まるで兵糧攻めに耐えられず城から脱走する兵士のように、彼女は、愛するグループから去って行った。
彼女の遺した家郷、つまり歪んだ愛国心は、やがて廃墟となり、グループにとっての負の遺産、筐体を蝕む病弊と扱われることになる。今日、アイドルファンがSKE48というアイドルグループの印象を問われ、言葉にするとき、多くの場合、それは桑原によって培われた”イロ”である。幸か不幸か、「桑原みずき」というアイドルの魂は、今日なお、グループアイドル史のなかで力強く発光しており、たとえば、欅坂46齋藤冬優花を代表とするように、次世代アイドルへと宿屋めぐりしながら、通史の上に系譜の連なりを描いている。

 

総合評価 28点

推していたことは秘密にしたほうが良い人物

(評価内訳)

ビジュアル 2点 ライブ表現 13点

演劇表現 4点 バラエティ 7点

情動感染 2点

SKE48 活動期間 2008年~2013年

 

乃木坂46 北川悠理 評価

「趣味は空を見ること」 北川悠理、平成13年生、乃木坂46の第四期生。 ヒステリ ...

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...

日向坂46(けやき坂46) 丹生明里 評価

「類を絶した純白さ」 「何もかも忘れてしまいなさい。私たちはみんな温かな泥の中か ...