SKE48 桑原みずき 評価

SKE48

政治とは何か―竹下登回顧録(C)講談社

「とにかく陰険(竹下登のパロディ)」


アイドルにとっての政治(闘争)とは何か。
桑原みずき、SKE48のオープニングメンバーである。彼女は、権勢欲が強く、それのみに奔走し縋り付いたイメージがつよいためか、現役時代のみならず、卒業後でさえも、ファンから好意的に語られることはほとんどない。
他人を信頼するなどという軽はずみなことは一切せず、派閥外のアイドルの立ち居振る舞いには鋭く眼を光らせ、用心深く観察をした。とにかく陰険な人物であったが、胸襟を開くきっかけさえあれば、それを活用し、深いつきあいに発展させる力を持っていた。親近したメンバーとは固い絆が結ばれ、みな桑原のために忠勤に励んだ。晩年は、求心力を失い、グループに対する影響力は皆無となり、人気も低迷し、逃げるようにしてグループから卒業した。アイドルとしては、何も残すことができなかった。

 

総合評価 26点

推していたことは秘密にしたほうが良い人物

(評価内訳)

ビジュアル 2点 ライブ表現 13点

演劇表現 4点 バラエティ 5点

情動感染 2点

SKE48 活動期間 2008年~2013年

剽窃:福田和也「総理の値打ち」

評価点数の見方