AKB48 浦野一美 評価

AKB48

浦野一美(C)朝日新聞デジタル

「私に惚れたら上級者」

浦野 一美、昭和60年、AKB48の第一期生。
チームAからチームB(チームの立ち上げ役)へ、AKB48卒業後はSDN48へ、そして渡り廊下走り隊7へ加入するなど移動距離の長いアイドル。卒業後に総選挙イベント(AKB48 32ndシングル 選抜総選挙 〜夢は一人じゃ見られない〜)に参加したりとアイドルとしての物語は豊富である。グループアイドルを評価する際にはアイドルの物語性を重視する、と告げられたら、じゃあそもそも物語性、ストーリー性ってなに?という問いを投げつけたくなるかもしれない。きっとそのような声量にこたえてくれるのが浦野一美というアイドルなのだろう。あらためて経歴を眺めると、それだけで波乱万丈なアイドルの横顔が映し出されて興味深いし、なによりも彼女は情動に衝き動かされた自己の姿=醜態を言葉にしてファンに説明するのが上手い。
仲間のアイドルと描いた稚気から、浦野は、古い外国の小説に出てくる下宿屋の女将のような登場人物に映るが、アイドルを演じている本人は一貫して可憐な少女の内奥を差し出しているのだから、おもしろい。ファンときわめて距離感の近い、操守を失わないアイドルだが、恋愛対象や結婚相手はファンの皆さんです、と表明する仮装恋愛に傾倒したアイドルとは異なり、ファンの良き相談相手になるようなアイドルを浦野は提示している。とくに、アイドルの「恋愛禁止」に対する考えを、アイドルを演じる当事者として明け透けに語った文章には、心を揺さぶられるものがある。作詞家・秋元康とのエピソードも豊富だ。秋元康とのエピソードを眺めていると、大人が甘えてもたれかかってしまうアイドルだとわかる。これは現在のシーンで云えば、新内眞衣と遠く通いあう資質にも感じる。いわゆる「ポンコツ感」とはある種の醜態の一部であり、裏を返せば”口撃のしやすさ”である。彼女に”口撃”してしまう、強く当たってしまう、というのは、結局は彼女に甘えているだけなのだ。この甘えやすさは、今日ではシーンを生き抜くための重要な資質にすらなっている。気の毒なことに浦野一美がアイドルを演じていた頃にはそのような希求はほとんどなかったようだが。
このどうやっても醜態をさらけ出してしまう物語のおかげか、あるいはその醜態を嘲笑われることに臆せず常にセンターを狙うアイドルの姿勢に感化されたのか、浦野一美は、なかなか熱量のあるコアなファンの獲得に成功している。

浦野一美は、架空の世界や幻想と表現されるもの、つまりフィクションに対する意識がきわめてたかい人物のようにもみえる。おもしろいのは、そのフィクションのあらわし方だろう。「CinDy」というニックネームや「私に惚れたら上級者」というキャッチフレーズをみてわかるとおり、彼女がアイドル(幻想)=フィクションを作るとき、その原動力となるものは、常に、将来を嘱望され希望に満ち溢れてかがやく若手アイドルに囲繞された端役が抱える不安や屈辱、絶望の果てに現れたアイロニーなのだ。そこに心悲しさを感じてしまうものの、少年の嘘がやがて事実になるように、彼女の作った嘘=フィクションもやがて事実になり、輪郭が鮮明に描かれ、やがてファンの手元にしっかりと舞い降りたようである。仲間のアイドルと描いた青春だけでなく、ファンとの交流も、卒業から時が流れた今もなお、AKB48の通史の上でつよく呼吸しているのだから。

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 6点 ライブ表現 9点

演劇表現 13点 バラエティ 13点

情動感染 14点

AKB48 活動期間 2005年~2010年
SDN48 活動期間 2010年~2012年

 

櫻坂46 Buddies 評価

「Buddies」 楽曲、ミュージックビデオについて、 1st.シングル『Nob ...

櫻坂46 なぜ 恋をして来なかったんだろう? 評価

「自分じゃない本当の自分見つけたい」 楽曲、ミュージックビデオについて、 1st ...

櫻坂46 Nobody’s fault 評価

「洗っても落ちない泥だ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 1st.シン ...