AKB48 上村彩子 評価

AKB48

上村彩子(C)サンスポ・コム

「初の脱退者」

上村彩子、昭和61年生、AKB48の第二期生。
今日では、アイドルがアイドルの世界から旅立つとき、それを「卒業」と表現するのが当たり前になった。しかし、各アイドルグループの公式サイトに掲載される記事を眺めると、細かな事情を明らかにしたくはないという決意のもとに様々表現が用いられている。それらを大別すると、卒業、活動辞退、専属契約の終了、の3つに別けられる。しかし、上村彩子はこのどれにも当てはまらない。「上村彩子」の記録を調べると、彼女の場合、脱退、と表記されている。脱退、と聞くと、おそらくアイドルファンの多くが「平手友梨奈」を想起するはずだ。なぜ、平手友梨奈は卒業ではなく、脱退、と表記されたのか。アイドルファンの心を揺さぶったことはまだ記憶にあたらしい。しかし実は、平手友梨奈よりも前に、脱退、と表記され、アイドルの世界から旅立った少女が居たのだ。

AKB48の第二期生としてデビューした上村彩子だが、しかし彼女はアイドルの物語をわずか3ヶ月で閉じている。当然、物語と呼べるようなものはどこにものこされていない。このようなアイドルの場合、アイドルを演じた少女の現在の姿を眺め、その横顔からどれだけの可能性を秘めていたのか想像するしかない。あるいは、アイドルに自己を投影するファンの横顔からアイドルの魅力を見出すほか術はない。
上村がグループを脱退することになった直接の理由は「体調不良による休養」である。休養を経てアイドルの活動に終止符を打つ少女は少なくはない。上村の場合、特筆すべきなのは、彼女の「休養」、あるいは「療養」に対し、ファンが深刻なまでの無垢さをあらわにしている点である。
当時、療養中のアイドルに向け、ファンは、千羽鶴を折って贈ろう、と自主的に企画し行動に移している。出会ってまだ2~3ヶ月のアイドルに、である。この、アイドルに対する無垢な熱量にはおどろくものがある。恋は盲目。過去を振り返った際におもわず赤面してしまうほど滑稽な行いも、一度恋に落ちてしまったら、人はなりふり構わず走り出すものだ。上村彩子はそのような恋愛体験にファンを遭遇させていた、ほんものの仮想恋愛を実現していた、と読めるわけだから、やはりおどろく。もちろん、この背景には、当たり前に”会える”アイドルが、ある日、唐突に自分たちの前から姿を消してしまう、という出来事に、アイドルとアイドルファンの双方がまだ慣れていない、幸福な「時代」があるのは間違いないのだが。

上村は、グループから脱退後、声優としてデビューしている。アイドル時代、ファンの前に自身の日常=情報を差し出す機会が極端に少なかったにもかかわらず、声優を夢見る、アニメと漫画が好きな女の子、このキャラクターならばファンのあいだでも充分に浸透していたようだ。アイドルの世界から旅立った後に、その通りに夢を叶えている点には頼もしさを投げつけられる。それは現在の、令和のシーンを生きるアイドルの多くが、アイドルでありつづけることでのみ夢が叶う、と信じ込み、冗長な物語を記すことへの反動かもしれない。彼女たちと比較すれば、上村彩子や、上村と同時代にアイドルを演じた少女の後ろ姿とは、自身の可能性を探るというアイドル本来のあり方を提示する古典、教本の一つと扱うべきかもしれない。

 

総合評価 45点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 6点

演劇表現 8点 バラエティ 10点

情動感染 13点

AKB48 活動期間 2006年~2006年

 

堀未央奈 冷たい水の中 評価

「いつのまにか大人になってた」 ミュージックビデオについて、 堀未央奈の卒業ソン ...

乃木坂46 口ほどにもないKISS 評価

「本当の愛だと勘違いしたくなる」 ミュージックビデオについて、 阪口珠美の初セン ...

NGT48 角ゆりあ 評価

「ダンス・ダンス・ダンス」 角ゆりあ、平成12年生、NGT48の第一期生であり、 ...