AKB48 奥真奈美 評価

AKB48

奥真奈美(C)どんどんブログ

「かたつむり」

奥真奈美、平成7年生、AKB48の第二期生。
わずか10歳でアイドルの世界へ踏み込んでいる。ビジュアルを得物とするアイドルだが、デビュー当時は一部のファンのあいだで幾らか話題に挙がる程度で、ほとんど注目されていない。だが一方で、少女が成長するにつれ、その立身からイメージするモデルのような佇まい、存在感を前に、なにかただならぬ可能性を多くのファンが見いだしはじめ、大器晩成の人として期待されるようになる。事実、グループから3人目となるソロデビューを飾っており、またそのデビュー楽曲『かたつむり』の歌詞を読めば、作詞家・秋元康から少女の成長に向けられた期待感の大きさをうかがい知ることができる。
だが、結局売れなかった。なぜかこのアイドルには早期離脱者のイメージを持っていたが、記録をあらためて眺めてみれば、アイドルとして過ごした期間は約5年間とけして短くない。むしろ平均を凌ぐ長さであり、冗長にすら感じる。表題曲の歌唱メンバーに選抜された回数は一度のみ。それもデビューから1年後に発売された『BINGO!』への参加であり、以降4年間は順位闘争を前に敗北を喫している。
この奥真奈美をして、ルックスが良いのになぜか売れないアイドルの代表格と見做し、平成が終わり、令和がはじまった現在のアイドルシーンにおいてもしばしばその名前がひとつの例として(秘密兵器、最終兵器といった希望的観測、あるいはやる気さえあれば売れるといった揶揄の代表例として)話題の中で挙げられる。

AKBらしさの欠如を奥の失敗理由に挙げるファンが多いが、それは大きな誤りだろう。説明するまでもなく、2期生である奥はAKBらしさ、その主流・基礎を作る側の存在である。AKB48に加入した時点で、奥真奈美はすでにAKBらしさそのものであったのだ。
奥真奈美が売れなかった理由は明白である。単に、ファンに向けて素顔を提示できなかった、というだけのことにすぎない。若ければ若いほど、自分の「素顔」というものを知りようがないわけだから、これは当然の結実と云うほかにないのだが。自分の素顔を知らなければそれを隠すことはできないし、隠すことができないものを他者に教える、他者に見せる、などということはなにか偶発的なイベントでも起きないかぎり、到底不可能である。素顔がまったく見えないアイドルの物語に没入できるファンは少ない。

ルックスに過剰な自信をもった少女が、しかしアイドルとしてうだつがあがらない、想像したような夢の日々を手に入れることができない、という状況を前にして反動的に振る舞ってしまうのは、これはもう心が挫けるほどありふれた光景だが、奥真奈美もそうした類型にはまっている。常に、どこか不機嫌なアイドルを描いており、(それをキャラクターにしようと奔走したりなど、なかなかあがいたようだ)思ったように物事が進展しない憤り、夢の消失に向けた屈託を見せている。
結果、少女は、見失いつつあった日常生活を取り戻すため、進学を理由にアイドルからの卒業を発表する。結局、ファンに夢をあたえる、という使命は最後まで果たせなかった。

 

総合評価 43点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 6点

演劇表現 7点 バラエティ 10点

情動感染 8点

AKB48 活動期間 2006年~2011年