STU48 佐野遥 評価

STU48

佐野遥(C)stu48.official*/instagram

「伝えたい真実」

佐野遥、平成7年生、STU48の第一期生。
日常に作る表情の硬さが、話す言葉の選択から感じる「堅牢」へと繋がっているのであろうか。ステージ上での表現行為だけではなく、ファンの立ち居振る舞いを冷静に観察しようとする仕草に「冷徹」をのぞき見てしまう。たしかに、矜持と呼べる水準には達していないものの、アイドルという虚構作りへの意識の強さは感じる。だが、その意識が佐野遥の描くアイドル像を硬直させているようにも見える。「嘘」とは真実を伝える為に用意される道具だが、彼女の作るウソ=フィクションには、肝心の”伝えたい真実”が欠落しているように思う。とにかく、まずは”アイドルらしさ”というジャンルを演じてみよう、と試みる姿勢、健気さは痛いほど伝わってくるのだが。そうした頑なさがむしろアイドルの表情を硬直させてしまい、結果、ファンに素顔を伝えることができない、という葛藤がアイドルとしての人気の低迷を裏付け、それがそのまま卒業理由へと昇華される少女が後をたたない。

佐野遥というアイドルは、独りでアイドルの物語を書くよりも、他のアイドルと並んで画面に映される瞬間のほうが輝いて見える。同業者とコラボすることによって日常の「堅牢」が崩れ、生来の彩りが飛躍的に増すタイプのアイドルに見える。例えば、磯貝花音と並んだシーンでは、佐野遥が磯貝の作りあげたアイドル像の外郭にヒビを入れるような言葉遊びで、磯貝花音に戸惑いを与え、心を揺さぶり、彼女の新しい一面を引き出すことに成功していた。それはもちろん、引き出す側の印象も変える。つまり佐野一人ではファンの前に提示できなかった彼女の素顔がこぼれ落ち、アイドルの内にあたらしい物語が生まれる、ということだ。
こうした光景は現在のアイドルシーンにおいて、一つの独立したコンテンツと呼べるものかもしれない。独りよりも、ふたりで、という物語。誰とだれが仲が良いのか、とか、仲が悪いのか、とか、そういった無垢な希求にグループアイドルたちは応えなければならないのだろう。
佐野に対するこの見当、独りではなく常に誰かと共に過ごせ、という希求が正しいならば、それはアイドルにとってネガティブな評価と映るかもしれない。だが、グループの深化、群像劇の成立という観点で眺めれば、グループアイドルとしての役割を果たしている、と評価できるはずだ。

 

総合評価 46点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 9点

演劇表現 10点 バラエティ 11点

情動感染 6点

STU48 活動期間 2017年~2019年

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...