SKE48 バナナ革命 評価

SKE48, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

谷真理佳さん(@marika_tani)がシェアした投稿

「未来は落としものだらけ」


なんでもできるけど、なにもできない。どこへでも往けるけど、どこへも往けない。不眠状態の浮遊感のような移動をしない現代人の物語を描いた歌詞である。バナナを踏んで転ぶ=物語の転換という安直なメタファーを書くが、バナナを踏んで滑って転ぶためには、自分以外のだれかが、バナナを仕掛ける必要がある。転換のための行動が結局は他人任せであるという点に作詞家を含め、現代人の意識が反映しているのだと、感じる。

『恋愛をしてみたって充たされないし』(*1)と書く。”充たされない”という事象例にアイドルのプロデューサーでもある作詞家が「恋愛」を持ち出したのは、それなりの意味があるように想う。恋愛に対して踏み込んだ描写を排除している点。その充たされない恋愛がどのような恋愛か判断させない点。恋愛よりも、という流れのつくりかたに、直喩として、そこにどうしてもアイドルへのメッセージを見出してしまう。バナナという仕掛けは、やはり虚構への入り口であり、その扉をあけるためのスイッチなのだろう。あたらしい世界への扉をひらくスイッチに、バナナというきわめて受動的なものを配置した。テーマとした点に、現代人(現代アイドル)の弱さや、能動性が欠如した立ち居振る舞いに対するアイロニーが込められているのだろう。

映像作品については、やはりというか、予想通りというか、バナナを片手に黄色をモチーフにした世界でアイドルが動き回っている。その世界を作り上げるにあたって、作りてに意欲が湧いた痕跡が見つけられない。

 

総合評価 43点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 6点 歌詞 13点

ボーカル 10点 ライブ・映像 7点

情動感染 7点

 

引用:見出し、(*1) SKE48 バナナ革命

歌唱メンバー:磯原杏華、市野成美、岩永亞美、梅本まどか、大脇有紗、加藤るみ、 木本花音、熊崎晴香、小石公美子、小林亜実、斉藤真木子、酒井萌衣、佐藤すみれ、柴田阿弥、須田亜香里、髙寺沙菜、谷真理佳、福士奈央、松井玲奈、山田澪花

作詞家:秋元康 作曲:IKEZO 編曲:若田部誠

評価点数の見方