STU48 非全力 評価

STU48, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

STU48さん(@stu48.official)がシェアした投稿

「少しだけ休ませてくれ」

 

対立命題を定めるというクセは作詞家だけではなく、作家や政治家など言葉を扱う人間にとっては珍しくない趣向である。「全力」というワードを「非全力」に転換させることで(平易ではあるけれど)ある種の陳腐さが消臭される。けやき坂46の『期待していない自分』も対立命題の一種と云える。
真っ白な原稿用紙を文字で埋めていくという作業は、絶望以外のなにものでもないのだが、ペンをはしらせるきっかけ(衝動)をつくるために、頭のスイッチを切り替えるような行動が必要になる。そのスイッチのひとつとして、対立命題があり、それを設置することで発想の逆転から訪れる好奇心や動機を得ることが可能になる。書き出しさえうまくいけば、大体の場合はそれで全てが決まる。ガルシアマルケスが「長編小説は書き出しの一行で決まる」と云ったが、それと同じである。作詞家・秋元康の書く詞の多くが、書き出しに資質のすべてを込めていて、中盤からは退屈になるというお決まりの傾向をみせる理由は、この書き出しに対するきっかけ(衝動)づくりにあるのだろう。
この『非全力』においても、終盤で『僕にとって 一番大事なもの どこかで見つけよう』(*1)と書いてしまう、それまでに描写してきた「僕」のモノローグのすべてを否定するような科白を置いてしまうのは、単純に作詞家の資質が息切れしたからだろう。

楽曲については、やや安易に感じるものの、『ゆっくり歩いてく』(*2)という歌詞のテーマにしっかりと合致している。箸休め的な存在と云ってしまったら批判にきこえるだろうか。ライブ表現については、石田千穂は楽曲の存在理由を個人的に解釈しているような仕草で魅せる。逆に、門脇実優菜、土路生優里については、パフォーマンスに”勘違い”がみられる。気持ちを込めすぎているというか、表情に儚さが感じられない。川のながれに身を任せないで、むしろ、それに立ち向かってしまっている。特に門脇実優菜は、このようなダンススキルで乗りきることができない楽曲を、表情や仕草で演じることが可能になれば、ブレイクスルーが訪れた、と評価できるのではないか。

 

総合評価 52点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 10点 歌詞 8点

ボーカル 11点 ライブ・映像 13点

情動感染 10点

 

引用:見出し、(*1) STU48 非全力

歌唱メンバー:石田千穂大谷満理奈門脇実優菜、榊美優、張織慧、兵頭葵、三島遥香

作詞家:秋元康 作曲:須永俊  編曲:須永俊

評価点数の見方