AKB48 ひと夏の出来事 評判記

AKB48, 楽曲

ひと夏の出来事 ミュージックビデオ(C)AKB48/KING RECORD/.youtube

「僕は無口になっていた」

歌詞、楽曲について、

現実的な側面として、実際の楽曲制作過程を知るすべはないのだが、(同シングルに収録された)『ある日 ふいに…』の歌詞と同時期に書かれたものだと仮定するのが自然な成り行きである、という態度をとっても責められることはないはずだ。『ある日 ふいに…』において、少年期へと遡った作詞家が、その記憶の”たまり”から列車にゆられて、元の世界へと引き返してくる際に(もういちど少年から大人へと成熟する際に)窓の外の風景から情念をひとつひとつ切取り、それを構築し、ひとかたまりにした物語が『ひと夏の出来事』なのだろうと想う。
ノスタルジックな描写のなかに唐突に「アイドル」というワードが組みこまれるのは、現在の作詞家の観念が、列車が終着駅(現実)に近づくにつれて、無意識に働きかけた結果だろう。

ミュージックビデオについて、

作品の世界観は、楽曲のテーマ、作詞家によって描かれ創造された虚構を毀さないように丁寧に作られている。
演者については、後藤萌咲のダンスパフォーマンス(表現力)が素晴らしい。手足の長さ、バランス感覚と拒絶感のある儚さ。彼女がセンタータイプのアイドルであることの証明になったのではないか、とつよく感じる。

 

総合評価 61点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 11点 歌詞 12点

ボーカル 11点 ライブ・映像 14点

情動感染 13点

歌唱メンバー:後藤萌咲、松岡はな、高倉萌香、髙畑結希、小熊倫実、山口真帆、本村碧唯、ミュージック、秋吉優花、瀧野由美子、久保怜音、日高優月、長谷川玲奈、岡田美紅、城恵理子、青木詩織

作詞 : 秋元 康 作曲・編曲 : 野井洋児

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...