乃木坂46 偶然を言い訳にして 評価

乃木坂46, 楽曲

(C)偶然を言い訳にしてミュージックビデオ

「偶然を言い訳にして」

歌詞について、

詩情を捨てて物語のようなものを語ろうとしている、そのようにみえる。みえるが、これは「偶然」というワードをもとにダラダラと、するする読める文を書いただけ。するする読めればそれが作詞家の恋い焦がれる「散文」になるのかと云えば、もちろん、そんなことはない。

ミュージックビデオについて、

アイドルと人形劇という紋切り型な設定を土台として、見るに堪えないアイドルの拙い演技、気味の悪い笑顔、とくに高山一実の硬直した表情しか記録されておらず、作品と呼べる水準に達していない。仮に、これは「人形」を表現したものだ、と云うならば、それはあまりにも安易と返すほかない。鑑賞者に対する想像力が欠如している。

 

総合評価 30点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 5点 歌詞 7点

ボーカル 5点 ライブ・映像 4点

情動感染 5点

歌唱メンバー:白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、松村沙友理

作詞:秋元康 作曲:坂部大介 編曲:中土智博

 

乃木坂46 13日の金曜日 評価

「グローイングアップ」 楽曲、ミュージックビデオについて、 5枚目シングル『君の ...

乃木坂46 ロマンティックいか焼き 評価

「こんなものもキラキラして見える」 ボーカル、ライブ表現について、 5thシング ...

NGT48 西潟茉莉奈 評価

「春の歌」 長いトンネルをくぐり抜けた時 見慣れない色に包まれていった 実はまだ ...