AKB48 制服が邪魔をする 評価

AKB48, 楽曲

(C) 制服が邪魔をする ジャケット写真

「お父さん、ごめんなさい」

歌詞、楽曲について、

戦略的思考の露出よりも、グループアイドルに対するひとつの自我の成立に注目する。「制服」の扱い方に救いようのない荒々しさを覗くが、その未熟さの在り処が示すものこそ、楽曲を制作した当時の「渋谷」の街に伏在した、カラスに食い散らかされたような倫理観の手触りであり、『制服が邪魔をする』は、ひとつの「時代」ではなく、ひとつの「世代」を映す鏡と扱えるかもしれない。
しかし、楽曲そのものの魅力は乏しく、時代が移り変わった際に、あらためてそこに保存された詩的世界に触れてみよう、没入しよう、といった希求力は一切そなわっていない。

 

総合評価 39点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 6点 歌詞 11点

ボーカル 6点 ライブ・映像 8点

情動感染 8点

歌唱メンバー:板野友美、大島麻衣、小嶋陽菜、篠田麻里子、高橋みなみ、中西里菜、前田敦子、峯岸みなみ、秋元才加、大島優子、小野恵令奈、河西智美、増田有華、宮澤佐江

作詞:秋元康 作曲:井上ヨシマサ 編曲:井上ヨシマサ

 

乃木坂46 何度目の青空か? 評価

「太陽は滲まないさ」 ミュージックビデオ、楽曲について、 掛け値なしの傑作。休業 ...

乃木坂46 夏のFree&Easy 評価

「夏のFree&Easy」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 S ...

乃木坂46 気づいたら片想い 評価

「いつのまにか好きだった」 歌詞、楽曲について、 おそらく、AKB48から連なる ...