乃木坂46 設定温度 評価

乃木坂46, 楽曲

真夏の全国ツアー2017 (C)ソニー・ミュージックレコーズ/時事通信社

「僕だけがどうして こんな苛立つのか」

カーテンの内側に入りベランダの窓を開けた。途端に蒸し暑い空気が顔を包み、虫の安っぽい鳴き声が遠くから聞こえる。 大きな室外機の羽根が、もうクーラーを消したのに、まだくるくると回っている。夜から今までの間、ずっとここから強烈な熱風がにな川に吹きつけていたんだ。

綿矢りさ「蹴りたい背中」

歌詞、楽曲について、

歌詞の書き出しが素晴らしい。純文学作品のようにながい時間の経過に耐え得る描写と云える。おそらく、この書き出し部分の”おもいつき”で制作を決心した楽曲なのだろう。そのせいか、中盤からひどく退屈になっている。構成に対する美意識が忘却されてしまっている、と感じる。とにかく恋愛を次の”段階”にすすめたい「僕」が、あっさりと眠ってしまう「君」を眺めながら抱くもどかしさ、思いつめ、絶望にすらたどり着き、大仰に恋愛を語りだすといった、作詞家があらためて保存を試みた、「青の時代」に記憶した感情への配慮が構成の未熟さによって無残に破棄され野ざらしになっている、だからどうしても退屈になってしまう。思いがけず、情熱が尽きる、というのは文芸の世界ではめずらしい光景ではないが、書き出しが舌を巻くほど凝っているだけに残念である。

 

総合評価 71点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 17点

ボーカル 14点 ライブ・映像 12点

情動感染 14点

引用:見出し 乃木坂46 設定温度 

歌唱メンバー:秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈 、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、北野日奈子、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、寺田蘭世、中田花奈、西野七瀬、樋口日奈、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、若月佑美、伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、能條愛未、山崎伶奈、渡辺みり愛、和田まあや、伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希

・作詞 秋元康  ・作曲 石井亮輔  ・編曲 APAZZI

評価点数の見方