SKE48 向田茉夏 評判記

SKE48

向田茉夏 (C) 日刊SPA!/2018 FUSOSHA

「偽りの笑顔」

向田茉夏、平成8年生、SKE48の第二期生。
グループアイドルとして、物語の質と文量、ともに最高点を付けられる。長すぎず短くもない。アイドルが映す姿形、感情、そのすべてがぎりぎりの線で保たれている。平成の終わり、令和の始まり、近年のアイドルが書く物語の多くは流行りのエンターテイメント小説のように冗長で、退屈な場合がほとんである。もちろん、厚みがあり、質の良い物語のみ評価されるという傾向はアイドルファンにとって嬉しい限りだが、アイドルを演じる少女にとってはどうだろうか、疲弊を隠しきれていないようにうかがえる。日常を演じる日々の長さによって多くの少女が夢に対する希望のあり方を見誤り、本当のしあわせを見失っているように見える。

向田茉夏は13歳でデビューし、18歳でアイドルの物語に幕を閉じる。アイドルの卒業に対し、まだ動揺が激しかった時代、その5年間の物語には、境遇がもたらす理屈や災厄が乱舞する、アイドルになった少女の苦闘が克明に描かれている。アイドルとして過ごした時間が、幸福か不幸なのか、といった狭い了見、範疇で語られてはいない。現実と非現実を行き交いしながら、もう一人の自分を作り上げようと試みる、少女の葛藤と渇望が余すことなく描かれている。それはたとえば、もし”彼女”がグループの主人公=センターだったら、という残響・アナザーストーリーを数多く内在するSKE48において、向田はその妄執の象徴的存在と云えるだろう。もしこのひとが表題作のセンターポジションに選ばれていたら、良くも悪くも、現在のSKE48とは異なるイロを持ったアイドルグループが育まれたのではないか。
そうした空想の翼を広げるだけの根拠を、このアイドルは投げ与えている。人気と質の合致した希有な登場人物であり、ビジュアルについては、当時の映像を眺め、近年のトップアイドルたちと比較しても、遜色ない容貌をそなえ持ち、瑞々しく、アンバランスでキュートなルックスとはべつに、バランスに優れソフィスティケートされた身体のライン、佇まいはきわめてシックである。ライブ表現力については、技術的な意味では、近年のアイドルたちのダンスには足元にも及ばないかもしれないが、「表現」の魅力を問うならば、まったく引けを取らない。スポットライトに映し出される姿形の鮮烈さ、これはもう持って生まれた才と云うほかにないが、この一点において、向田茉夏に比肩する現役アイドルはきわめて少ない。なによりも彼女には、仮想恋愛の空間において、もはや威容に満ちていると表現するしかないほどの、希求力がある。

近年のトップアイドルを論じる際に、批評を試みるときに、残念に想うことがある。それは、アイドルの資質を表す分野において、所謂、はしり、さきがけとなる存在が島崎遥香以降、生まれていないという点だ(辛うじて、久保史緒里瀧野由美子の名を挙げられるか)。たとえば、橋本奈々未や深川麻衣の到達した域。アイドルが卒業した後も、ファンが「彼女」の後姿を探し求め、彷徨う、という、ノスタルジアの世界に入り浸ったまま帰らない現象。これはグループアイドル史に銘記されるべき快挙だが、実はすでに、彼女らと同じ時代にアイドルを演じた、向田茉夏によって踏破された地でもある。
今でも、何かのきっかけで彼女の名前が話題に挙がると、感情を剥き出しにして、向田茉夏というアイドルが残した物語、それが「偽りの笑顔」であったのかどうか、虚構から抜け出て現実に帰還した彼女の素顔を、アイドルの卒業理由を「転向」として扱うべきか、議論を交わすファンは多い。これは、情動を引き起こした人間の典型と云える。情動とは、基本的に刹那的に抱きしめられる感情だ。4年以上も前の出来事や人物の残像に、継続して情動を宿し続ける原動力とは、やはり恋愛感情にほかならないだろう。
恋愛において悲しみよりも怒りが勝ちその炎を絶やすことがどうしたってできないという場面を探るならば、それは往々にして、上手く別れられなかったとき、ではないか。そしてやはりひとは、往々にして、愛する人と上手く別れることなどできない。たとえば村上春樹の長編小説『ノルウェイの森』が純文学作品でありながら恋愛小説として大衆に好まれたのは、物語の最後のシーンにおいて、主人公の「僕」がヒロインである「ミドリ」に救われるという、現実性を無視した、つまり純文学性を裏切るエンターテインメント性を持つからである。一方で、エンターテインメントの地平に立つ新海誠は映画『秒速5センチメートル』において主人公に救いをあたえなかった、愛する人との再会を許さなかったことで、鑑賞者の想像力を裏切るそのストーリー展開をして、高い評価を受けた。アイドルシーンに話を戻せば、深川麻衣がのこした虚構と向田茉夏が置き去りにした虚構との違いとは、この、”物語の最後”に救いがあったのかどうか、という点に尽きるだろう。向田茉夏は『秒速5センチメートル』と同じ顛末を選択している。転向し救いはあたえない。”再会”はさせない。だからファンはもだえ苦しむことになった。悲しみよりも怒りが勝ちその炎を絶やすことがどうしたってできないという情況に落ち込んだ。
アイドルとの仮想恋愛にここまでのリアリティーを付与し、ファンを架空の世界に没頭させたのは、向田茉夏以降では西野七瀬くらいではないか、と想う。ある集団は、孤島に牢獄された人間の生霊のように、アナザーストーリーに浸りながら夢遊し、ある集団は、激情に駆られ、ゾラの『居酒屋』の登場人物たちのように、酒を飲みながら、小刻みにふるえる手を眺め、涙を流しているのである。

これ以上何を失えば 心は許されるの
どれ程の痛みならば もういちど君に会える
記憶に足を取られて 次の場所を選べない
いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向いのホーム 路地裏の窓 こんなとこにいるはずもないのに
いつでも捜しているよ どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の隅 こんなとこにあるはずもないのに

山崎まさよし/映画『秒速5センチメートル』主題歌 「One more time,One more chance」

向田茉夏の達成とは、後世のトップアイドルにも達成可能な物語になったが、向田茉夏以前に、向田が到達した境域に足を踏み込めたアイドルは存在しない。AKBグループの中で向田茉夏というアイドルはワンアンドオンリーであった、と云える。

 

総合評価 80点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 16点

演劇表現 14点 バラエティ 15点

情動感染 19点

SKE48 活動期間 2009年~2014年

 

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...

アイドルの可能性を考える 第十六回 秋元康 編

「秋元康=歌詞の魅力」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」を執筆 ...

乃木坂46 斉藤優里 評判記

「うれしい!  たのしい!  大好き!」 斉藤優里、平成5年生、乃木坂46の第一 ...