SKE48 向田茉夏 評価

SKE48

向田茉夏 (C) 日刊SPA!/2018 FUSOSHA

「偽りの笑顔」

アイドルとして、物語の文量、質、ともに最高点である。長すぎず短くもない、クオリティも良く、バランスが保たれている。近年のアイドルが書く物語の多くは流行りのエンターテイメント小説のように冗長で、退屈な場合がほとんである。長くて、質の良い物語しか評価されないという傾向は、消費者にとっては嬉しい限りだが、アイドル界にとってはどうだろうか。疲弊を隠しきれていないように覗える。
向田茉夏は13歳でデビューし18歳でアイドルとしての物語に幕を閉じる。その5年間の物語には、境遇がもたらす理屈や災厄が乱舞し、アイドルになった少女の苦闘がきちんと描かれている。そのアイドルとして過ごした時間が、幸福か不幸なのか、といった狭い了見、範疇で語られてはいない。現実と非現実を行き来しながら、文芸という虚構を作り上げようとする、少女の葛藤と渇望が描かれている。

ビジュアルについては、当時の映像を観て、近年のトップアイドルたちと比較しても、遜色ない容貌である。アンバランスでキュートなルックスとはべつに、手足の長さのバランスは優れている。
ライブ表現については、技術的な意味では、近年のアイドルたちのダンスには足元にも及ばないだろうが、表現力の観点で比較をすれば、まったく引けを取らない。スポットライトに映し出される姿形の鮮烈さというのは、持って生まれた才能であるが、この点で向田茉夏に比肩する現役アイドルは、少ない。

近年のトップアイドルを論じる場合に、批評を試みるときに、残念に想うことがある。それは、アイドルの資質を表す分野において、所謂”はしり”(先駆け)となる存在が島崎遥香以降、生まれていないという点だ(辛うじて、瀧野由美子の名を挙げられる)。橋本奈々未や深川麻衣が到達した領域。アイドルが卒業した後も、ファンがその後姿を探し彷徨い、ノスタルジアの世界に入り浸ったまま帰ってこないという現象。これは近代アイドル史に銘記されるべき快挙だが、実はすでに同じ現代アイドルの向田茉夏によって踏破された地でもある。

今でも、何かのきっかけで彼女の名前が挙がると、感情を剥き出しにして、向田茉夏というアイドルが残した物語、それが「偽りの笑顔」であったのかどうか、虚構の出口を通過した彼女の素顔を「転向」として扱うべきか、議論を交わすファンは多い。これは、情動が引き起こっている典型と云えるが、情動とは基本的に瞬間的なものである。4年以上も前の出来事や人物の残像に、継続して情動を宿し続ける原動力とは、やはり恋愛感情に外ならないだろう。恋愛小説と揶揄された村上春樹の『ノルウェイの森』、物語の最後のシーンにおいて、もし、主人公の「僕」がミドリに救われなかったら、それは高い評価を受ける文学作品になり得たのではないか、という問いがある。新海誠が『秒速5センチメートル』において物語の最後に明確な救いを描かなかったことで、長いあいだ続いた議論にアクチュアルな答えを投げつけた。深川麻衣が遺した虚構と向田茉夏が置き去りにした虚構との違いは、この”物語の最後”に救いがあったのかどうか、という点である。向田茉夏は『秒速5センチメートル』と同じ顛末を選択している。転向し救いはあたえない。”再会”はさせない。だから、ファンは悶えのたうつ。仮想恋愛という虚構にここまでのリアリティーを付与し、ファンをその世界に没入させたのは、向田茉夏以降では西野七瀬くらいではないか、と想う。ある集団は、孤島に牢獄された人間の生霊のように、アナザーストーリーに浸りながら夢遊し、ある集団は、激情に駆られ、ゾラの『居酒屋』の登場人物たちのように、酒を飲みながら、小刻みにふるえる手を眺め、涙を流しているのである。

これ以上何を失えば 心は許されるの
どれ程の痛みならば もういちど君に会える
記憶に足を取られて 次の場所を選べない
いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向いのホーム 路地裏の窓 こんなとこにいるはずもないのに
いつでも捜しているよ どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の隅 こんなとこにあるはずもないのに

山崎まさよし/映画『秒速5センチメートル』主題歌 「One more time,One more chance」

向田茉夏の達成とは、後世のトップアイドルにも達成可能なものになったが、向田茉夏以前に、向田が到達した領域に足を踏み込めたアイドルは存在しない。AKBグループの中で向田茉夏というアイドルはワンアンドオンリーであった、と云える。

 

総合評価 80点

現代アイドル史に名を残す人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 17点

演劇表現 14点 バラエティ 14点

情動感染 19点

SKE48 活動期間 2009年~2014年

2019/02/13 再批評、加筆しました

評価点数の見方