NMB48 山本彩 評価

NMB48

山本彩 (C) Metrock 2018 Photo by 本田裕二 /日吉”JP”純平

「唄うことは 難しいことじゃない」

山本彩、平成5年生、NMB48のオープニングメンバーであり、初代キャプテン。
エンターテインメントの地平においてもっとも強い主人公であり、読者の共感を誘う教養小説的な物語はグループアイドル史のなかで今なお傑出した輝きを放っている。アイドルポップス(ジャパニーズ・ポップス)というジャンル、枠組みならば他の追随を許さない実力の持ち主であり、『365日の紙飛行機』の普遍化の成功は彼女の表現力に依るところが大きいと評価しても過褒にはならないだろう。強さと弱さの両面を兼ね備えた「山本彩」を、オーヴァーグラウンドで果敢に闘いつづける彼女の英姿を主人公と称える声に異議を唱えることはむずかしい。紅白歌合戦選挙で第1位を獲得した要因には、やはり、山本彩の兼ね備える、大衆を虜にするエンターテイメント性の高さとアイドルとしての潔癖さ(正統さ=英雄感)があるのだろう。彼女はファンの期待を、心を決して裏切らない。不安になる嘘を作らない。この絶対的な信頼感こそ現代を生きる日本人の寄す処であり、「山本彩」を正真正銘のトップアイドルへと押し上げた要因である。
批評家・福田和也の言を引くならば、エンターテイメント系のアイドルは、対象に、「快適な刺激を与え、気持ちよくさせ、スリルを与え、感動して涙を与える」存在であり、純文学タイプのアイドルは「本質的に不愉快なものであり」、対象を「いい気持ちにさせるのではなく、自己否定、自己超克をうながすような力をもっている」。純文学タイプのアイドルの象徴が前田敦子、生駒里奈であり、エンターテイメント系の代表格が大島優子、山本彩になるだろう。(*1)

山本彩の物語は、昨今の人気エンターテイメント長編小説のように量と質、ともに申し分なく、読者(ファン)は主人公の一挙手一投足に感情移入をして、笑い、試練を乗り越える瞬間、つまり成長を共有し、涙をながせる。主人公は絶対にファンの期待を、心を裏切らない。そこに提示された箱庭世界は、スーパーヒーローによって秩序が保たれ、とても居心地が良い。彼女は、ファンの心を握り潰すような、不安をあたえるような真似は決してしない。提示される幻想は被写界深度をもたない、だから観者は物語の途中で迷子にならない。山本彩というアイドルは、前後左右、常にクリアでハッキリと我々の前に映し出され、勇敢にシーンを走り抜けるから、アイドルの立ち居振る舞いや仕草、日常風景を通じて「脆さ」や「儚さ」を投げつけられるかもしれない、という不安がない。明快な笑い顔とくやし涙を作る山本彩、彼女から発せられる歌声を聴いて不快になることなど絶対にあり得はしないし、自己投影を強いられ悲観におそわれる心配もない。彼女は、希望や夢を叶えることが出来ない現実を生きるための寄す処にするような歪んだ妄執を跳ね返すバリアーを身にまとっているようだ。それが、彼女の、アイドルとしての明暗を分けた理由と云えるだろうか。人は、アイドルは、真実を伝えるために嘘をつくものだが、山本彩は嘘=フィクションの構築をなさない。この清潔さこそ、彼女を「王道のアイドル」と屹立させた要因なのだ。しかし、それは同時に、「山本彩」というアイドルにヴァルネラビリティが欠如している徴でもある。もちろん、得意の歌であれば、アイドルの素顔=儚さを表現する、それは容易い試みであるのかもしれない。しかしヴァルネラブルとは、自らすすんで表現をする類のものではなく、日常のなかで他者に発見させ、切り取らせるものである。山本彩は能動的な弱さ、という矛盾を孕んだアイドルと云えるかもしれない。換言すれば、エンターテイメントタイプのアイドルという宿命を背負いながらも、文学とエンターテイメントを隔てる皮膜を破り、純文学とエンターテイメントを行き交いしようと試みた、その狭間で”はじめて”苦闘したアイドルと呼べるだろう。

 

総合評価 75点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 18点

演劇表現 13点 バラエティ 15点

情動感染 16点

NMB48 活動期間 2010年~2018年

引用:(*1)福田和也「作家の値打ち」

評価点数の見方