STU48 田中皓子 評価

STU48

田中皓子(C)音楽ナタリー

「幻想のかたまり」

田中皓子、平成8年生、STU48の第一期生。
既に成熟が訪れており、自身のアイドルとしての可能性に対する俯瞰の所持が見受けられる。日常の立ち居振る舞いに乱れがなく、ファンとの距離感の作り方も冷静さを失わない。デビューから一貫して、ターミナルキャラクター的な役割を余儀なくされるも、しかしグループの多様性の隙間を埋める、という意味においては文句なしにキーキャラクターと呼べるだろう。
ビジュアルについては、味わい深く、「名は体を現す」というが、彼女もまた、その言葉を体現する。熟練した舞台女優のような風貌と出で立ちで、大きな瞳を細くして、静かにゆっくりと、なにかを噛みしめるように、幸福感に満ちた笑い方をする。きっと、それを眺めるファンも同じ様な表情をしていることだろう。たとえば、寺田蘭世がバンド・デシネ的な静止した架空の世界で活きるアイドルであるならば、田中皓子はより動的な仮構世界で活きるタイプのアイドルに映る。舞台栄えする姿形、この一点だけでも演劇に対するポテンシャルの高さを確信させるが(ビジュアル、これはなんといっても、表舞台に立つに人間にとってもっとも重要な資質であり才能である)、その資質を発揮する境遇に遭遇するための「物語」の予兆は、まだうかがえない。幻想のかたまりのようなアイドルだが、仲間の心の内奥にあるわだかまりを覗き込み、発見した瑕疵の検証をする過程でそれを溺死させるような、遊戲的で攻撃性のある立ち居振る舞いをみせる場面もあり、ファンの興味の焦点を探るという点に意識的(アクチュアル)な人物と云える。動揺を飼い馴らしたような仕草を日常で描いており、情報の雨に曝される現代のアイドル界にあって、不意に、架空の世界を旅立つかもしれない、という不安をファンに抱かせない点は、アイドルとしての生き方に徹底している、と評価できる。一方で、彼女の強かさを固陋と捉えるしかない状況下、日常の存在も看過できず、成熟へ到達し屹立するアイドルを前に、ファンはあたらしい喪失への期待を抱くことが不可能になる。この物語性の欠如から、成長共有の観点においてアイドルとしての展望を見出すことが困難な人物に映る。岐路を隘路の壁を貫く直進とすり替えることによって、それを「成長」と呼ぶしかないのであれば、やはり、アイドルを演じる暮らしあるいは卒業後にしろ、「田中皓子」の歩む道は舞台女優であるべきだ、と妄執する。

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 13点

演劇表現 11点 バラエティ 10点

情動感染 9点

STU48 活動期間 2017年~2021年

評価更新履歴
2018/7/31 ビジュアル 11→12

 

NGT48 對馬優菜子 評価

「思いの強さが通じる」 對馬優菜子、平成13年生、NGT48のドラフト3期生。 ...

乃木坂らしさ とは

「乃木坂らしさ」 美しい「花」がある、「花」の美しさといふ様なものはない。 小林 ...

乃木坂46 掛橋沙耶香 評価

「ピカレスク・ロマン」 掛橋沙耶香、平成14年生、乃木坂46の第四期生。 『図書 ...