乃木坂46 ロマンティックいか焼き 評判記

のぎざか, 楽曲

白石麻衣(中央左)と松村沙友理(中央右)(C)オリコンニュース

「こんなものもキラキラして見える」

ボーカル、ライブ表現について、

5thシングル『君の名は希望』のカップリング曲。
楽曲の内に、これでもかというくらいアイドルの日常を丁寧に保存し、アイドルそれぞれの個性が活かされている。桜井玲香の歌い出しあるいはそのあとにつづく西野七瀬のボーカルを聴けばこれがこれまでの乃木坂46の楽曲とは異なるイロをもった、飛翔した作品だとすぐに気づく。桜井玲香や西野七瀬のボーカル、星野みなみや松村沙友理の歌声に尽きない魅力を感じるのは、それが、ファンの見知ったアイドルが、楽曲の内にたしかに存在しているということを教える、日常を再現した声音だからである。音楽といういわば非日常のなかでアイドルの日常との再会が果たされる。これは要するに少女たちが描くアイドルの物語に厚みが出てきた、ということなのだろう。乃木坂46というアイドルグループの成長期を記録する、実りある作品となっている。
また、歌割りへの関心の高さ、センターではなくそのバリエーションに富んだフォーメーションへの興味、今回のペアは誰か、といった期待からも、過去から現在まで、多くのファンに愛されている楽曲だとわかる。

ミュージックビデオについて、

『ハウス!』同様、後日、ミュージックビデオが制作され、公開された。しかし作品そのものは『ハウス!』の構造を使いまわした自己模倣品であり、まったく評価に値しない。楽曲のタイトルに付随した小道具を一つ用意して、あとは仮想空間でアイドルを踊らせるだけ、という安っぽく稚拙で鑑賞に堪えない作品となっている(こんなものを、作品、なんて呼んでいいものだろうか)。あくまでもメディア展開における一つの企画=”おまけ”と言ってしまえばそれまでなのだが。今後もこうしたなんらアイデアを持たない、自分の両足で立とうとしない作品が提示され続けるのかとおもうと……。

 

総合評価 66点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 13点 歌詞 12点

ボーカル 16点 ライブ・映像 12点

情動感染 13点

歌唱メンバー:秋元真夏生田絵梨花生駒里奈、伊藤寧々、井上小百合桜井玲香白石麻衣高山一実中田花奈永島聖羅西野七瀬橋本奈々未深川麻衣星野みなみ松村沙友理若月佑美

歌詞:秋元康 作曲:横健介 編曲:重永亮介

引用:見出し、秋元康 / ロマンティックいか焼き

 

日向坂46 4期生のお披露目動画と「ブルーベリー&ラズベリー」の感想

「似ているような 全然似ていない」 日向坂46に「4期」が誕生した。数えると、1 ...

アイドルの可能性を考える 第十三回 丹生明里 編

「無垢なアイドル、という倒錯の魅力」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの ...

ブログを始めて4年経ちました

「もうひとりの自分」 「アイドルの値打ち」を立ち上げてから4年が経った。4年経っ ...