乃木坂46 指望遠鏡 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)指望遠鏡ミュージックビデオ

「すべて過去の物語さ」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

4thシングル『制服のマネキン』のカップリング曲であり、TVアニメ『マギ』のエンディングテーマ曲。
作詞家・秋元康の得意とする「夢への活力」の活写、その啓蒙が楽曲の世界観を裏切らず見事に機能しており、テーマ、詩情によって形づくられるイメージからも、仮に表題曲に置かれても違和感を抱かない。一方で表題曲として用意された『制服のマネキン』には表題作に求められるであろう普遍さへの反抗が込められている。このような逆転、つまり表題曲に置かれるであろう楽曲がカップリング曲として収録され、表題らしからぬ楽曲をA面に録音するという企図は、今作品を機に、その後のグループの歴史において散見するようになる。もちろん、表題になんとしてでも普遍的な作品を置こうとする姿勢を作った作品も少なからず存在するため、結局は戦略上のバランス感覚、といった話題に過ぎないのだが。今シングルのような逆転、なぜこれを表題曲にしなかったのか、というファンからの声量を獲得することによってグループそのものが厚みを増していった結果に鑑みれば、その企図は見事に奏功したようにおもわれる。
映像作品についても、センターポジションで踊る生駒里奈ではなく星野みなみを主役に置いており、グループの厚みを打ち出そうとする狙い、つまりそれは群像劇の誕生、その胎動を明確に描いている。ブランコに乗った少女が、その後、ブランコに揺られるように”前へ後ろへ”と物語の展開を記してしまったことは、この時点で投げられた作り手からの並々ならぬ期待を考えると、やや皮肉的。

 

総合評価 61点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 13点

ボーカル 10点 ライブ・映像 11点

情動感染 13点

歌唱メンバー:能條愛未、齋藤飛鳥、若月佑美、井上小百合、深川麻衣、市來玲奈、西野七瀬、高山一実、橋本奈々未、松村沙友理、桜井玲香、秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、白石麻衣、星野みなみ

作詞:秋元康 作曲:北室龍馬 編曲:木村有希

引用:見出し、秋元康/指望遠鏡

 

ブログを始めて4年経ちました

「もうひとりの自分」 「アイドルの値打ち」を立ち上げてから4年が経った。4年経っ ...

AKB48 久しぶりのリップグロス 評判記

「見えなかったリップグロス」 歌詞、ミュージックビデオについて、 60枚目シング ...

乃木坂46 理想の「選抜」を考える 31stシングル版

「現状考え得るもっとも理想の『選抜』」 結成10周年、記念すべき30作目シングル ...