乃木坂46 会いたかったかもしれない 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)オリコンニュース

「会いたかったかもしれない」

楽曲、歌詞、ミュージックビデオについて、

平成のアイドルシーンを象徴する名作を、自身の手によってぶち壊しにするという点は、作詞家・秋元康の、自己の達成にたいする無頓着さをよくあらわしており、興味深いと感じるものの、作品そのものについて云えば、バカバカしく、安易に過ぎ、評価に値しない。
前田敦子と生駒里奈の交錯、これはなかなかおもしろいと思った。平成のアイドルシーンを代表する主人公とその後継者の共演が、よりにもよってこんな作品で実現されるとは……。

 

総合評価 29点

聴いていることは秘密にした方がいい作品

(評価内訳)

楽曲 4点 歌詞 5点

ボーカル 7点 ライブ・映像 10点

情動感染 3点

歌唱メンバー:生田絵梨花、生駒里奈、市來玲奈、伊藤寧々、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、川村真洋、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中田花奈、西野七瀬、能條愛未、橋本奈々未、星野みなみ、松村沙友理、宮澤成良

歌詞:秋元康 作曲:BOUNCEBACK、MIKOTO 編曲:野中雄一

 

アイドルの可能性を考える 第十回 「アイドルの値打ち」の使い方 ビジュアル 編

「『アイドルの値打ち』の使い方」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打 ...

日向坂46(けやき坂46) 上村ひなの 評判記

「いつでもどこでも変化球」 上村ひなの、平成16年生、日向坂46(けやき坂46) ...

乃木坂46 Against 評判記

 「孤独にならなきゃいけない」 歌詞について、 しっかりと練られている。デビュー ...