AKB48 桜の花びらたち 評価

AKB48, 楽曲

「桜の花びらたち」

歌詞、楽曲について、

インディーズ作品。デビューシングルでありながら「卒業」をテーマに扱う。アイドルを演じることになった少女の青春の犠牲、当たり前の日常の喪失を「卒業式」が作る笑顔と涙を通じて、あくまでも活力の提示として描いている。AKB48の通史、その書き出しの一行が決定した瞬間であり、目の前には真っ白な原稿用紙が広がっている。つまり、自己模倣の余地がまったくない。過去の物語の構成要素を抽出して作品をなんとか両足で立たせようとする現在のシーンとはおおきく異なり、この当時のAKB48は自分たちとはことなる場所に立つ”なにものか”をつよく意識している。だから、そこに保存されている少女たちの不完全さが、ひとつの時代を経た現在でも奇妙な希求力を放っているのだろう。

 

総合評価 68点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 13点

ボーカル 10点 ライブ・映像 13点

情動感染 17点

歌唱メンバー:前田敦子 峯岸みなみ 板野友美 宇佐美友紀 折井あゆみ 星野みちる 渡邊志穂 増山加弥乃 大江朝美 駒谷仁美 戸島花 中西里菜 成田梨紗 川崎希 大島麻衣 浦野一美 佐藤由加理 平嶋夏海 高橋みなみ 小嶋陽菜 

作詞:秋元康 作曲:上杉洋史 編曲:樫原伸彦

 

日向坂46(けやき坂46) 佐々木久美 評価

「ただ、それだけだった」 佐々木久美、平成8年生、日向坂46(けやき坂46)の第 ...

乃木坂46 鈴木絢音 評価

「限りなく透明に近いブルー」 鈴木絢音、平成11年生、乃木坂46の第二期生。 現 ...

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...