NGT48 本間日陽 評価

NGT48

(C)本間日陽インスタグラム公式アカウント

「コンプリートアイドル」

本間日陽、平成11年、NGT48の第一期生であり、3代目センター。
聡明で才はじける、丹花の主人公。言葉の最良の意味におけるエースであり、言葉の真の意味で王道アイドル。デビューから一貫して、作り手や同業者におさまらずファンからも「王道」と呼ばれ、NGT48のなかにあって一頭抜く存在感を示すのは、やはり本間の作る笑顔に強い魅力があるからだろう。やや手法化されているようにみえるものの、本間日陽というアイドルは笑顔の物語化に成功しており、飛びきりに笑顔が良い。笑顔を作った瞬間に、無垢で、いたずらで、あざやかなアイドルが立ち現れる。アイドルと笑顔の関係をひもとけば、それは当然、宝塚歌劇団といった古典と有機的に結びつく話題であり、AKB48まで時代をすすめれば小嶋真子にたどり着き、つまり「正統」を映し出すわけだから、笑顔ひとつで絶望の内にほのかな希望をあたえる本間が、「王道」と呼ばれ称賛されるのも当然の帰結と云えるだろう。
複雑な事情を背後に置いた『絶望の後で』のセンターに立ったのがこの本間日陽であり、その重責を果たしたとき、日常において提示するとらえがたい無邪気さ=笑顔の物語を見捨てるように「絶望」を把捉したパセティックな踊りを作ったとき、彼女は、比類ない境地をひらいたように感じる。

なぁちゃんは負けず嫌いだから」、「あしゅはいっぴきおおかみだから後輩に興味を示さない」といったファンのチャントをよく耳にする。こういった性格の確信は、対象が女優の場合、なかなか見つからない。自己と隔てられた場所に生きる人間の性格を、鑑賞者が自分なりの解釈をもって他者に語れるというのは、たとえば、小説の主人公や映画の登場人物への感情移入と同等の空想であり、つまりグループアイドルを眺めるとき、ファンは無意識にそれを「物語=フィクション」と捉えているわけだ。女優が演じる「役」とおなじように、アイドルとは、少女が演じる「役」であることを無意識の内に理解している、と云えるだろう。本間日陽はこの枠組みからの移行を余儀なくされ、かつ次に立たされたあたらしい枠組みの渦においても、格別な笑顔を作れている。アイドルを演じることができている。
アイドルが甘美な非日常のなかで、あるいは、アイドルとして暮らす個人的日常において自我を獲得し自己の可能性を追求するのではなく、現実を無視して夢だけをみる姿勢に待ったをかける、フィクションと真っ向から対峙する現実社会に立場を置き、その中での行動選択によって夢の実現に迫るといった構図こそ、現在のNGT48が置かれた状況であり、その曲折の中央に立つのが本間日陽である。
よりつきつめて云えば、現実から
アイドルの世界への扉をひらき、その架空の物語の内からファンがアイドルの素顔を発見するといったストーリー展開への希求が投げ捨てられ、まず現実社会が置かれる。ファンの日常生活を映すその青空の見えない世界でアイドルを演じる少女がどのような行動選択によって自我を獲得するのか、アイドルを物語化するのか、つまりアイドル人気を獲得するのか、そのようなアイドルの有り様をNGT48は強いられ、本間日陽はすでにそれを迎え撃っている。アイドル=幻想、この建て前が成立しない場所でしかし幻想を作らなければならい、という情況に少女たちは置かれているわけだ。本間はそうした情況にあっても文句なしに「アイドル」然としている。そこに並ではない資質の所持をおもわせる。凡庸であれば当然、俯いたり、叫んだり、アイドルをつまらないものに引き下げてしまうものだけれど、本間にはそういうところが一切ない。
おそらく、このあたらしい枠組みは、今後、シーンの主流になるはずだ。ならば当然、本間はシーンの象徴的存在、あるいは消長を問う存在、つまり王道と呼べるだろう。

 

総合評価 80点

現代のアイドルを象徴する人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 16点

演劇表現 16点 バラエティ 16点

情動感染 16点

NGT48 活動期間 2015年~

   

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...

STU48 ヘタレたちよ 評価

「ヘタレたちよ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 7枚目シングル。セン ...