AKB48 高橋朱里 評価

高橋朱里 (C)ORICON NewS inc.

「なぜAKBはかくも幼稚になったのか」

大仰な表現を許されるならば、高橋朱里は現在のアイドルシーンでは稀有となった「矜持」をはらむグループ愛の持ち主である。パトリオティズムの持ち主と云ったら過褒になるかもしれないが。家郷への執着的な愛情はグループの立ち上げ、つまり暗い黎明期を体験したアイドルにのみ備わる精神だが、高橋朱里は第12期生である。彼女が矜持を育む境遇に立っていたとはとても思えないが、アイドル史に銘記されるトップアイドルから、朝露のように儚く消え去ったアイドルまで、少女たちの青春犠牲で成り立つ通史の上に自身が立っているという自覚を、確かなイデオロギーを高橋朱里からは投げつけられる。それはやはり、彼女が自身の描く物語のなかで、あたらしい展開へつなぐための科白のなかにグループの歴史に対する真摯な姿勢を常に置きつづけてきたからだろう。彼女が作るアイドルの反動的な「視線」には一種の”頼もしさ”を妄執させる力が宿っており、その”頼もしさ”にもたれ掛かる観者の期待感が発露される場面こそ、家郷を破壊する脅威に高橋朱里が対峙する瞬間なのである。

現在のAKBグループを見渡すと、冗談話にすらならないほど、アイドルが幼稚化(コンテンツとしての質の低下)している。次の世代を担うべき少女たちは、清楚や儚さなど露程もみせないし、ファンと成長の共有を喜ぶという姿勢すら作らない。彼女たちは自ら進んで量産型フィギュアという型に収まり、商品棚にキレイに配置されて行く。それが没個性ではなく個性的だと確信している。グループアイドルとして、グループの”血”を継承しようという試み、通史を書く為の闘争への覚悟が不在している。切った張ったの縄張り争いが存在しない。未熟な哲学の「表明」によって、自己を囲繞する世界の色彩が一変する、呼応し始める、自己否定の末、自己の超克がおとずれる、という喪失や成熟への道程を自ら放棄しているように映る。

「本来の個性というのは「縦」の個性でなければならない。自分より、強いもの、大きいものとぶつかり、圧倒され、抗い、コテンパンに叩きのめされながら育まれていくものこそが、本当の個性の名前に値するのだ。より高く、より強く、より洗練されたものへと向かっていこうとする意志だけが、人に独自なものを与えるのである」

福田和也「なぜ日本人はかくも幼稚になったのか」

高橋朱里はこの「縦の個性」をもっている数少ないアイドルである。ただし、現状はコテンパンに叩きのめされ、そのまま、そこで朽ち、物語の展開、転換の兆しはみえないが。「愛国」の表明によって自身の立場を明確にし、アイドルとして、あたらしい世界を手繰り寄せるのか、このまま朽ち果てるのか、岐路に立たされているのは間違いない。しかし、一方で、パトリオティズムに囚われ、グループ愛に対する感情の処理をあやまり、アイドルを演じる行為に落とし込むことはクライシスの契機にもなるかもしれない。グループアイドルの個性とは、「より高く、より強く、より洗練されたものへと向かっていこうとする意志」の”結果”としてファンの目の前に立ち現れるものだ。そのような葛藤や錯綜を無意識に理解しているからこそ、高橋は家郷の再建築への指揮、つまり「立場」の獲得に向かう行動を起こさないのかもしれない。彼女の物語とは、発生した「闘争」の動機が決意として実るまえに萎んでしまう、常にライバルに一歩、後れをとる物語に映る。つまり、ファンに本当の意味で自身の内奥にふりつもった感情を感染させることができない人物と云える。矜持はアイドルに豊穣な物語を書かせるひとつの原動力になるが、現在のAKB48にあっては、虚栄心が野心を凌ぎ、誇りと責任を抱える人物が矢面に立たされ、慟哭を得る機会は与えられないのだろう、と高橋朱里を眺めながら想う。抱え込んだ誇りと責任が満たされずに看過の連続を余儀なくされたとき、人は往々にして、ディールでのあやまった決断から隘路に踏み込むことになる。それが現在の彼女に内在するクライシスだろう。

 

総合評価 58点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 13点

情動感染 7点

AKB48 活動期間 2011年~

評価点数の見方