AKB48 佐藤亜美菜 評価

AKB48

佐藤亜美菜(C)スポーツニッポン新聞社

「アイドルマスター」

アンダーとしての役割、存在することへの必然の獲得、”8(ハチ)”という数字が作ったサプライズ、共時、華やいだ想い出が描かれる瞬間=青春の提供。自身の演じたアイドルの情動が観客に感染して行く光景を眺める。アイドルと出会った少女が、自身もアイドルに成るという奇跡との遭遇。「やがて見えなくなる」青春の犠牲ではなく、アイドルそのものが青春であると少女は妄執している。だから、熱心でポジティブ。魔法によってアイドルに変身してファンに夢を与える、という姿勢を”当然”として抱くから、トラジック・ヒロインとは呼ばせない。アイドルとの遭遇を奇跡と信じてはくれない”大人”とのわだかまり。孤絶、心がひきさかれる毎日の繰り返し。孤独は架空の世界を作ってくれる。誤解やすれ違いはいつかかならず砕け散る、ファンはそれをかならず目撃してくれる。しかし、達成された感興は空振りし、不遇がアイデンティティと扱われ、身勝手に嘆く見物人も多かった。たしかに、群像劇の枠組みを毀し主人公とすり替わる異物感を彼女は具えておらず、アイドルとしての展望は見出し難かった。鋭意による共闘の獲得には成功したが、アイドル的マチズモの欠如が目立ち、闘争と対峙するモノローグの拙さは、グループの、AKB48史のモノグラフを描かせる原動力の”弱さ”に映った。その”弱さ”が、踏み込むと白い埃が舞い上がって鳴く板張りの床のような歌声を作り、その歌声が、「いつの日かまた会えるはずさ」という約束を守る徴になった。アイドルを卒業後、再会が果たされない物語は多い。だが彼女は声優として「新しい季節」のなかで、まったく別の長編小説のなかに再登場し、ファンと成長の共有をつづけている。彼女のような、佐藤亜美菜のような物語の作り方は、現在のAKB48からはうかがえなくなってしまった、と云えるかもしれない。(*1)

現在(いま)、秋元康によって書かれる、情報の囲繞と闘い打ちひしがれる「アイドル」とは、佐藤亜美菜や彼女と同時代の少女たちの闘いを目撃した経験の産物であり、”ブラックホールのなかにきえてゆくしんじつ”の痕跡である。それが次世代アイドルに宛てた詩だけではなく、大衆に向けた皮肉となる。

 

総合評価 62点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 12点

情動感染 14点

AKB48 活動期間 2007年~2014年

引用:「」(*1)秋元康 / 青空のそばにいて

評価点数の見方