AKB48 佐藤亜美菜 評価

AKB48

佐藤亜美菜(C)スポーツニッポン新聞社

「アイドルマスター」

佐藤亜美菜、平成2年生、AKB48の第四期生。
アイドルと出会った少女が、自身もアイドルに成るという奇跡と遭遇した。デビュー後、すぐにアンダーの役割を自覚し、アイドルとしての存在理由を獲得する。やや憂いあるストーリー展開にはじまり、”8(ハチ)”という数字が作ったサプライズ、共時、華やいだ想い出が描かれる瞬間=青春の提供といった、グループアイドルらしさにあふれる構図を叶えている。このひとの特徴は、アイドル=青春の犠牲ではなく、アイドルそのものが青春であると妄執する点だろうか。常に熱心でポジティブ。魔法のちからによってアイドルに変身し、ファンに夢を与える、という姿勢を”当然”として抱いている。トラジック・ヒロインとはけして呼ばせない、という姿勢に一貫しており、なかなか頼もしさを投げつけるアイドルを描いている。ただ、彼女の物語のすべてを不遇とあつかい、身勝手に嘆く見物人も多かったようだ。
アイドル卒業後、再会が果たされない物語は多い。だが佐藤亜美菜の場合、彼女は声優として、まったく別のまったくあたらしい長編小説を書き始め、ファンと成長の共有=ほんとうの夢をつかむための物語を書きつづけている。やはり頼もしいアイドルだ。

 

総合評価 62点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 12点

情動感染 14点

AKB48 活動期間 2007年~2014年

   

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...

STU48 ヘタレたちよ 評価

「ヘタレたちよ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 7枚目シングル。セン ...