AKB48 早乙女美樹 評価

AKB48

早乙女美樹 (C) AKS

「鏡の中のジャンヌ・ダルク」

早乙女美樹、平成3年生、AKB48の第三期生。
不完全さも完結性も持たない、良くも悪くも凡庸なアイドル。だが、どこか気になる、なぜか放っておけない希求があり、渡辺麻友や柏木由紀といった逸材感を持ったアイドルの登場への興奮や感興に参加せず、早乙女美樹というアイドルについて、その魅力の在り処、自身の情動を駆り立てる原動力の正体を探し当てようとする熱心なファンがたしかに存在した。
順位闘争と対峙し、勇敢に闘い、ボロボロに打ちのめされる姿をファンにしっかりと妄執させており、情動感染の分野で捨てがたい資質の所持を想わせる。しかし彼女は、情報の囲繞によって抱え込んだ憂鬱を、ファンに伝えてしまうような心細さをステージの上でこぼしてしまう。それがヴァルネラブルや儚さといったアイドルの物語を読む人間に没入をあたえるトリガーとして機能せず、楽曲が作る詩的世界に登場する強い主人公たちの姿形を損なうような裏切り行為に映り、ファンからの信頼感を欠落してしまった点は、やはりアイドルとしての凡庸を浮き彫りにしている。ファンの息づかいをめざとく察知する作り手に彼女の弱さがどのように働いたのか、想像するほかないが、仮りにその信頼感の欠如が研究生降格への決め手であったのならば、それは当然の成り行きであった、と云うほかない。

 

総合評価 44点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 8点

演劇表現 8点 バラエティ 8点

情動感染 12点

AKB48 活動期間 2006年~2009年

評価点数の見方