AKB48 増山加弥乃 評価

AKB48

増山加弥乃(C)oricon.news

「確信の喪失」

増山加弥乃、平成6年生、AKB48の第一期生であり、最初の最年少メンバーである(デビュー時11歳)。
近年ならば、乃木坂46の松村沙友理が象徴的存在になるのだろうか、デビューしたばかりのアイドルがキャラクター(もうひとりの自分)を構成する際に用いるアイテムのひとつに”触覚”がある。増山加弥乃はそれをAKB48から連なるグループアイドル史において、”はじめて”採用したアイドルでもある。最年少として、文芸の世界に踏み込んだ増山加弥乃のみせる立ち居振る舞いには、周囲の思惑に動かされない、物怖じしない少女特有の生硬さがあり、AKB48がまだ”地下アイドル”を脱却しない当時、テレビカメラの前でも、大物タレントの前に立たされても度胸のある仕草さを見せ喜劇を成立させた。その光景はファンにカタルシスを与えた。アイドルを卒業したあとの物語のなかでも彼女の生硬さは減衰しておらず、「不変」の所持によって、”できたけど、やらなかったこと”といったアナザーストーリーではなく、役者への夢を卒業理由に「アイドル」の扉を閉じたあとの10年間の姿形を、そのまま現在(いま)を生きるアイドルとして重ね合わせることを可能にしている。まさしく稀有な資質の持ち主であり、新しい廃墟のように鼓動を止めない憧憬の濃やかさは驚嘆に値する。

シナリオを読むことを生業にする人間特有のモノローグを所持しており、青春のすべてを犠牲にして日常を演じる日々の通過を経験した者だけに遭遇が許される感情、つまりアイドルとして自身が作った”かもしれない”物語に対する追慕を彼女はかくさない。だから「増山加弥乃」というアイドル、女優は虚構の底に自身の日常を切り落とす行為、日常の写実にきわめて深い認識を持ち、その行為に対する自覚への反動や追究とすでに向き合い、凛とした演技を可能にしている。映画や舞台といった非日常(仮構)の内で呼吸している姿が他のどのような場面よりも生彩を放ち、輝いてみえるのは、日常の立ち居振る舞いや仕草を舞台装置上に持ち込んだあとに、それを置き去りにするように現実と架空の世界に差別のないキャラクターを結晶化し活写するからである。

しかし、アイドルの値打ちを問うとき、後日の話として、増山加弥乃がAKB48の第一期生のなかにあって文句なしの逸材であった事実と確信を説明するのは容易だが、一方で、アイドルを演じて暮らした2年間、その頼りない時間のなかに漂う少女を眺め、同世代の女優を圧倒する橋本愛の横に並び舞台挨拶をしても末端的な登場人物へ押しやられない、比較を絶した資質を備えている事実に果たしてどれだけの人間がたどり着けるのか、確信の喪失が「増山加弥乃」というアイドルにはある。つまり、どのような時代に生まれても、どのようなグループに産み落とされても、増山加弥乃は2年という歳月でアイドルを卒業してしまうのではないか。美が開花し豊穣な物語を描く前に”空扉”をひらいてしまうのを止めることは誰にもできないのではないか。そのような観点を自覚してしまった段階で増山加弥乃をアイドル史に銘記されるべき人物、強い主人公とは呼べなくなる。やはりグループアイドルの主人公とは、どのような境遇においても笑顔ひとつで群像の中心に置かざるをえない、物語から外すことが許されない原動力の塊である事実をファンや作り手に確信させる人物を云うのだろう。おそらく、増山加弥乃の名が刻まれるのは矢神久美、田野優花等が名を連ねる実力者列伝のノートの一行目、それも左端になるはずだ。

 

総合評価 74点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 14点

演劇表現 15点 バラエティ 16点

情動感染 14点

AKB48 活動期間 2005年~2007年

評価点数の見方