AKB48 金子智美 評価

AKB48

金子智美 (C) AKS

「愛獣」

金子智美、昭和64年生、AKB48の第四期生。
狭き門をくぐり抜け、アイドルの扉をひらいてから6ヶ月、研究生の立場のまま架空の世界から旅立っている。つまるところ、「後日の話」を読むことでアイドルとしてどれだけの可能性を秘めていたのか、想像に頼るしかない。AKBグループにはこのカテゴリーに属する人物がけしてすくなくはない数存在している。想像力を試され、途方に暮れると同時に、顔を持たない何者かを物語る、という思考経験に彼女たちは刺激をあたえてくれる。
卒業後(卒業ではなく「辞退」と表記したほうが適切かもしれないが)の行方をニュースやブログで追いかけてみると、少女はその後、「元AKB金子智美」という肩書きを得物に、グラビアアイドルとして活動しているようだ。グループアイドルを辞めたあとも、順位闘争に明け暮れているようで、情動の発露ではなく、節度や抑制そのものを欠如した立ち居振る舞いを披露している。文芸の世界において、才能を持たない人間が否応なく遭遇してしまう、ファンの見たくない愚劣な部分をさらけ出しており、”それなり”の話題を提供している。2017年には双葉社刊行「漫画アクション」主催のミス・コンテスト「ミスアクション2017」というグラビアアイドルを対象としたコンテストで見事にグランプリを受賞している。しかし、アイドルのアナザーストーリーの代名詞でもある、”もし、彼女がアイドルを辞めていなかったら”という観点で眺めた際に、増山加弥乃のような感興を彼女から受取ることはなかった。

 

総合評価 36点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 6点

演劇表現 6点 バラエティ 9点

情動感染 7点

AKB48 活動期間 2007年~2007年

 

乃木坂46 ワタボコリ 評価

「僕の命をあげる」 歌詞、楽曲について、 アイドルが口ずさむ詩としては「葛藤」が ...

欅坂46 不協和音 評価

「不協和音」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオ、ライブ表現について、 4枚目のシン ...

乃木坂46 ゆっくりと咲く花 評価

「ゆっくりと咲く花」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 2期生楽曲。セン ...