AKB48 今井優 評価

AKB48

今井優(C)AV Watch

「今日までのメロディー」

今井優、昭和60年生、AKB48の第二期生。
チームKの”裏リーダー”と目されていたらしい。ファンからの注目度、アイドルとしての知名度の低さを前にして、そういった形容が生まれるということは、アイドルの日常風景になにか動じないもの、貫禄のようなものがあったのだろう。たしかに、今井の相貌を眺めていると、毅然としていて、頭が良い、というイメージを持てなくもない。ただ一方で、そうしたイメージが面白みのないアイドルだ、という印象を育んでしまったようでもある。デビューから1年でアイドルの物語の幕を閉じた結果を見てわかるとおり、アイドルとしての成功者とは呼べない。当然、表題曲の歌唱メンバーに選抜されたことは一度もなく、順位闘争を前に辛酸を嘗めている。
ただ、小林誠作品に声優として出演するなど、一転、自身のファンに希望を与える飛翔を描いてもいる。だが、その直後にアイドルからの卒業を発表しており、ファンに大きな落胆を経験させてしまった。
当時の彼女のインタビューを眺めると、アイドルの素顔をファンに届けたい、という姿勢を明確に提示している。その点は「不人気アイドル」ながらもなかなか見事なアイドル観を備えていたのだな、と感心せざるをえない。物語を作る、ということにこのひとも意識的だったのだろう。物語、つまりフィクションを作るからこそ、そこに垣間見るアイドルの表情に、ファンは素顔を発見するのだ。
こうした今井の姿勢、つまり何かを物語り演じるという姿勢が形となってあらわれたのが佐藤夏希と結成した「劇団NY」であり、その試みは、後進のアイドルたちの劇場での立ち居振る舞い、その下敷きとなっており、黎明期を生き抜いたアイドルらしい功績を今井は持っている。

歌が上手い、歌声に魅力がある、といったファン評価を証し立てるように、卒業後、シンガーソングライターの道を歩んでいる。アイドルのさきにある「夢」に対する物語を、アイドルを卒業したあともファンの前でしっかりと物語っているようだ。ファンからすればこれ以上実りのある時間はほかにないだろう。
大島優子の卒業曲『今日までのメロディー』のミュージックビデオに出演し、当時のファンをノスタルジーへと浸らせるなど、アイドルを卒業したあともファンにとってのアイドルであり続けている。

 

総合評価 51点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 9点 ライブ表現 12点

演劇表現 11点 バラエティ 9点

情動感染 10点

AKB48 活動期間 2006年~2007年