NGT48 菅原りこ 評判記

NGT48

菅原りこ(C)NGT48Instagram公式アカウント

「太陽は何度でも 」

菅原りこ、平成12年生、NGT48の第一期生。
温和なアイドル、というイメージが強い。カメラの前で、ステージの上で、芝居じみた奇抜な言動を度々大胆に、ファンに見せつけ、驚かせてきた。そうした度胸は、温和さの内に日々育まれたのだろうし、そうした度胸、大きな勇気をもつから、見違えようもなく穏やかで温和なアイドルでいられるのだろう。『山口真帆 暴行被害事件』を通しては、当事者である山口真帆の孤独に寄り添った数少ない人物=聖人として、多くのアイドルファンに記憶された。残念なのは、そうしたイメージがそのまま彼女のアイドルとしての評価、アイドルとしてのすべてになってしまった点で、菅原は正当な評価をほとんど得ずに物語の幕を閉じている。
とはいえ、『山口真帆 暴行被害事件』に際し発揮した行動力、向こう見ずな決意の強さに「菅原りこ」というアイドルの魅力が集約されていることもまた、認めなければならないだろう。
きっと、彼女にしてみれば、事件の真相がどこにあるのだとか、誰が味方でだれが悪者なのかとか、そうした話題は些事に過ぎず、自分の大切な仲間が傷つき、独りにされたまま別れを告げる、すべての物事が暗くなって見えるという事態が、絶対に許せなかったのだろう。山口真帆に寄り添ったから「聖人」なのではない。「聖人」だからこそ、夢に結ばれた絆を絶対に手放さなかったのだ。

 

総合評価 64点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 12点

演劇表現 13点 バラエティ 13点

情動感染 14点

NGT48 活動期間 2015年~2019年