STU48 榊美優 評価

STU48

(C)STU48Twitter公式アカウント

「CUCA」

榊美優、平成14年生、STU48の第一期生。
淡々としていて、常にテンションをある一定の閾に抑え、固まりきって融かすことのできない屈託を抱えているように映る。映るが、アイドルとしての行動力をみる限り、そのような印象は「誤解」に過ぎないのだろうとも感じる。おそらく、規範性の強さゆえに、日常における演じ分けを苦手とするタイプのアイドルなのだろう。眺めていて、どこか惜しい、と感じる。星の数ほどいるグループアイドルの一人と処理してしまうにはもったいない、とおもわせる特別な”なにか”がある。

演劇力に対する不安を除けば、ビジュアル、ライブ表現力、多様性と申し分ない実力の持ち主であり、その実力に反しておもうように戦果を得ることができない点、つまり容姿だけではなくアンダーグラウンド感、これはたしかに村山彩希と似ている、と云えるかもしれない。とくに、アンダーグラウンド感が作るファンとの距離感は村山のそれと通底しているようにみえる。
たとえば、彼女が電車に揺られて旅をする映像。そこではなにか特別な出来事が起こるわけではなく(旅行という状況そのものは非日常と呼べるかもしれないが)、映される絵は一貫して淡々としており、ほとんど抑揚がない。しかし裏を返せば、アイドルの素顔のようなものが「旅行動画」というエンターテイメントのなかで提示されつづける、これは言葉の本来の意味での「日常」、そこに触れたと表現できるのではないか。アイドルを演じる少女の素顔に鑑賞者はあっさりと到達している、というわけだ。
榊美優の旅行動画を眺め、おもしろい、と感じた点は、「女子」の興味があること、ではなく、「女子」が興味を示せないものに対するリアクションだ。もちろん実際に無関心なのかどうか定かではないが、興味なさそうに潜水艦のなかをトボトボと探索する後姿はリアリティがあってなかなかおもしろい。デザートにたどり着いた際の笑顔が魅力的に感じるのは、この屈託が前段階として置かれているからだ。
感情表現豊かとは云えない、けれど多くのアイドルがごくまれにしかこぼすことのできない日常の素顔、たとえば、アイドルが嬉しくて笑うとこちらまで笑顔になってしまうような瞬間を恒常的に提示していると考えれば、やはり凡庸を凌ぐ資質をそなえた、成長を期待できるアイドルと云えるのではないか。

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 12点

演劇表現 7点 バラエティ 12点

情動感染 12点

STU48 活動期間 2017年~

 

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...

海外ドラマとグループアイドル

「ウェントワース女子刑務所が面白い」 懇意にしているある劇団の、ある舞台女優から ...

乃木坂46 ワタボコリ 評価

「僕の命をあげる」 歌詞、楽曲について、 アイドルが口ずさむ詩としては「葛藤」が ...