乃木坂46 空扉 評価

乃木坂46, 楽曲

乃木坂46 『空扉』ミュージックビデオ(C)乃木坂46LLC

「真っ青な扉があるはずさ」

歌詞、楽曲について、

まず、タイトルが良い。小説と同様、歌にとってもタイトルは重要だ。『空扉』は「空扉」というタイトルが作られた段階で一定の成功を約束された作品と云えるだろう。なによりも、提示された詩的世界が、安易で直截的な表現に逃げておらず、アイドルの虚構を躍動的に描いている点に表現者の拘り、資質を感じる。『海、渡り鳥、扉、冒険、勇気、別の世界』と、空想の世界(ファンタジー)を想起させる工具にも溢れており、楽曲のテーマから希求される世界観を放棄していない。ファンが抱くであろう期待感にしっかりと応答している。

『空扉』が面白いのは、主人公が、私たちが暮らす現実(こちら側の世界)から空想の世界への扉(夢や希望を叶えるための扉)を開いて飛び立つといった成長物語を書いていない点だ。この楽曲で描かれる景色とは、アイドルの作り上げる虚構、そのもうひとつの別の世界の内側で起こる出来事のみである。「僕」とは、アイドルを演じる少女が作り上げた虚構の中で暮らす「アイドル」であり、アイドルの意識のなかに構築される箱庭世界で語られる登場人物である。つまり、現実世界でアイドルといった自分とは別の何者かを演じている人間が『空扉』を歌うことは、劇中劇のような没入を可能にする、ということだ。
もっとも興味深いのは、『空扉』の詩的世界において、「僕(アイドル)」が暮らす、ここではないもうひとつの別の世界、その世界で生まれ育った「僕」は、子供の頃から空の向こう側、つまり私たちが暮らすこちら側、現実の世界をつよく意識している点だ。現実側のアイドルの個人的体験が、無意識に「僕」の潜在意識に働きかけ、「僕」の内に、なにか宿命的なものが「胎動」している。「僕」は今いる世界からの脱出を渇望している。おそらく、彼の暮らす世界では、「空扉」に触れることは、「夢」をみることは、心地よい世界の壁にヒビを入れる行為と見做され、禁忌(掟破り)となっている。だからこそ、「僕」は宿命的に現実の世界へ旅立とうとしてしまう。虚構と現実の行き交いが”ワクワクする冒険”だと気づいてしまう。
グループアイドルにとって、あるいは現代人にとって、フィクションと現実の交錯はアイデンティティの確立過程に外ならない。空想の世界に産み落とされた「僕」が成長し、やがて「空扉」に手を掛ける…。それをグループアイドルの「卒業」と喩えるのはあまりにも安易かもしれないが、アイドルを鏡にし、成長を試みる私たちファンは、虚構の中で暮らす「僕」の存在を、ある種のオブセッションとして認識する必要に迫られている。『空扉』の詩的世界を提示した人間から、「僕」の背中を押すための勇気と覚悟が求められているのだ。

映像作品について、

アイドルに対する思い込み、熱量が空回りしている。アイドルの現在を鮮明に描写する、この一点において力量不足と感じる。裏を返せば、それは結局、豊穣な物語を抱え込む演者を前に、作りて自身が新鮮なフィクションの構築に失敗した、ということだ。平板なストーリーを描き、アイドルの性格を露骨に説明してしまっており、フィクションとは呼ぶには躊躇する映像を作っている。アイドルの性格をファンに伝えたいならば、やはり濃密なウソの通路を歩かせる必要があるだろう。
アイドルの演技については、生田絵梨花が素晴らしい。舞台のみならず、映像作品においても突出した演技力をもつことを証し、他を圧倒する存在感を発揮している。

 

総合評価 70点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 17点

ボーカル 15点 ライブ・映像 9点

情動感染 14点

歌唱メンバー:梅澤美波、高山一実、斉藤優里、鈴木絢音星野みなみ、新内眞衣、井上小百合秋元真夏衛藤美彩西野七瀬白石麻衣松村沙友理生田絵梨花大園桃子与田祐希、梅澤美波、山下美月、岩本蓮加

作詞: 秋元康 作曲:FURUTA/Dr.Lilcom 編曲:Dr.Lilcom

 

乃木坂46 今、話したい誰かがいる 評価

「僕の部屋 片隅で漫画読んでる」 歌詞について、 きわめて写実的な描写を置きつつ ...

乃木坂46 太陽ノック 評価

「太陽ノック」 楽曲について、 結果的に、生駒里奈がセンターポジションに立ったの ...

乃木坂46 命は美しい 評価

「その手 放せば楽なのに」 歌詞について、 「ぐるぐるカーテン」から「何度目の青 ...