乃木坂46 空扉 評価

乃木坂46, 楽曲

乃木坂46 『空扉』ミュージックビデオ(C)乃木坂46LLC

「真っ青な扉があるはずさ」

歌詞、楽曲について、

まず、タイトルが良い。小説と同様に歌にとってもタイトルとは重要な要素になる。この楽曲は「空扉」というタイトルが作られた時点で、一定の成功を約束された作品と云える。なによりも、作詞家によって書かれた「詞」が、安易で直截的な表現に逃げておらず、アイドルの虚構を躍動的に描いている点に、表現者としての拘り、資質を感じる。もちろん、『海、渡り鳥、扉、冒険、勇気、別の世界』と、空想の世界(ファンタジー)を想起させるワードを組み込んでおり、楽曲のテーマを放棄せずにしっかりと描写できている。存在理由としてファンが抱くであろう期待感への応答を看過していない。

この楽曲(歌詞)は、私たちが暮らす現実(こちら側の世界)から、別の空想の世界(夢や希望)への扉を開いて飛び立つという物語ではない。この楽曲(歌詞)で描かれた世界とは、アイドルが作り上げた虚構(もうひとつの別の世界)である。
「僕」とは、アイドルが作り上げた、虚構(もうひとつの別の世界)の中で暮らすアイドル自身である。アイドルの意識のなかで、もうひとつの別の世界が創造され、その箱庭の世界で起きた、もうひとつの物語である。
少女がアイドルを演じることによって創造されたもうひとつの別の世界。その世界で生まれ育った「僕」は、子供の頃から空の向こう側(私たちが暮らす現実の世界)を意識している。何故だろうか?それは、現実側のアイドルの個人的体験が無意識に「僕」の潜在意識に働きかけ、「僕」の内に宿命的なものとして「胎動」しているからだろう。”だから”「僕」はそこから冒険(脱出)しようとする。もしかすると、その世界では、「空扉」に触れることは禁忌(掟破り)とされているのかもしれない。それでも「僕」は現実の世界へ旅立とうとする。そして、虚構と現実が爻わる。
虚構の世界と現実の世界の交錯はアイドルのアイデンティティの確立過程に外ならない。空想の世界で生まれた「僕」が成長し、「空扉」に手を掛ける…。それはアイドルの自我同一性の獲得を意味する。
私たちファンは、このようなアイドルの虚構の中で暮らす「僕」の存在を、ある種のオブセッションとして認識する必要があるのかもしれない。「僕」の背中を押してあげる勇気と覚悟が求められているのだろう。

映像作品について、

アイドルに対する思い込み、向けられた熱量が空回りしている。アイドルの現在を鮮明に描写する、この一点において力量不足と感じる。裏を返せば、それは結局、豊穣な物語を抱え込む演者を前に、作りて自身がフィクションを構築することに失敗した、ということだ。
アイドルの演技については、生田絵梨花が舞台のみならず、映像作品においても突出した演技力をもつことを証明し、他を圧倒する存在感を発揮している。

 

総合評価 71点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 17点

ボーカル 15点 ライブ・映像 10点

情動感染 14点

引用:見出し 乃木坂46 空扉

 

歌唱メンバー:梅澤美波、高山一実、斉藤優里、鈴木絢音星野みなみ、新内眞衣、井上小百合秋元真夏衛藤美彩西野七瀬白石麻衣松村沙友理生田絵梨花大園桃子与田祐希、梅澤美波、山下美月、岩本蓮加

作詞: 秋元康 作曲:FURUTA/Dr.Lilcom 編曲:Dr.Lilcom

評価点数の見方