NMB48 パンキッシュ 評判記

NMB48, 楽曲

(C)パンキッシュミュージックビデオ

「人生はパンキッシュ」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

映像作品のなかで動くアイドルたちの立ち居振る舞いは、思いのほか、様になっている。
能動的で活動的な歌詞に映るかもしれないが、これはペシミストのぼやきである。だが、前にも後ろにも道がない状態で狂乱を演じるという意味では、パンク・ロックの稚拙なイデオロギーを表現していると云えるかもしれない。『人にやさしくしたって いい人ぶってみたって 自分が変わるわけじゃねえ』という無邪気な科白は、自分の行いによって自己の性格が変わるという事実を経験しない未熟な人間の醜態、想像に頼った遠吠えであり、ロックと呼べるのかもしれない*1。「人生はパンキッシュ」と謳う山本彩、彼女はこの数ヶ月後に「人生は紙飛行機」と唄うことになる。

 

総合評価 30点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 3点 歌詞 4点

ボーカル 6点 ライブ・映像 14点

情動感染 3点

引用:見出し、*1  秋元康/パンキッシュ

歌唱メンバー:市川美織、梅田彩佳、加藤夕夏、小谷里歩、渋谷凪咲、上西恵、白間美瑠、谷川愛梨、藤江れいな、村瀬紗英、矢倉楓子、薮下柊、山田菜々、山本彩、吉田朱里、渡辺美優紀

作詞 : 秋元 康 / 作曲・編曲 : 西島真実 /力丸 尊

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...