AKB48 誰のことを一番 愛してる? 評価

誰のことを一番 愛してる?(C)AKB48

「想像上のジェラシーの鳥」

歌詞、楽曲、ライブパフォーマンスについて、

作詞家自身の思想を、ひとつの詞としてアイドルに代弁させる(復唱させる)という行為は俗悪であるのか。この、『誰のことを一番 愛してる?』の歌詞についての問いならば、それは俗悪と名づけられるだろう。詞が、作詞家自身を絶え間なく囲繞している、アイドルファンから贈られるクリティークとよぶにはあまりにも稚拙な「揶揄」に対するあてこすりだと、周囲の関係者に覚られる可能性を意識的看過することに成功したのか。あるいは、剔抉を迎え撃とうとしているのか。「私のこころを独り占めするにはどうしたらよいか」というアイドルたちに向けた科白。”ニ番目以下は他人とかわらない”とすら云う。『未来の闇が深くなる』(*1)という歌詞は覚悟の要求である。まごころの奥底にある”生ぬるい欲”をトレーにのせて提出しろ、と云っている。

生き餌を必要とするアマガエル。餌としてコオロギを与えていると、アマガエルではなくてコオロギのほうに感情移入してしまう。晩秋の夜にコオロギをストックしているケージから鳴き声がきこえてくる。それは季節の記憶としてひとつの情景を描く。少年はその”演奏者”たちを愛してしまう。それを自覚してしまう。しかし、アマガエルが冬を乗りこえるために、生き餌として、かれらを飼育し、保存をしなければならない。だが、はたして、彼は誰のことを一番目に愛しているのだろうか?

この楽曲のテーマにこのような”一番目”に対する倒錯があるのは云うまでもない。しかし、センターポジションを与えられた平手友梨奈が表現してしまったのは、一番目に愛されていることの孤立感である。愛情ほど人を深刻に傷つけるものはないと訴える「うつむき」を表現してしまった。この楽曲のテーマに沿った表情、仕草をみせるのは、平手友梨奈の両隣で踊っている松井珠理奈や宮脇咲良である。一番目に愛されている「女」に対する嫉妬と情動。これが作詞家の狙いどおりの光景ならば、やはり、そこに未曾有の俗悪さを感じてしまう。その一部始終を俯瞰している齋藤飛鳥。伊藤万理華や小嶋真子、渡邉理佐といった、ダンススキルの高いアイドルが鳴りを潜めるようにパフォーマンスをしている…。辛うじて個性を残しているのは星野みなみ、彼女にとっては、きっと対岸の火事であるから。アイドルとして、きわめて豊穣なストーリーを抱える人物の交錯。アイドルの現在と未来を「欲」という視点から物語を(群像劇として)語っている。

この楽曲の共演、競演、饗宴でもっとも評価できるのは、やはり星野みなみになるだろうか。楽曲のテーマと、自身が作り上げた虚構が相反するものであるのに、それを楽曲のなかに溶け込ませる。まるで魔法をつかったみたいに。この楽曲が抱える俗悪さの中に星野のコケットリーさが含まれても違和感がないのだから、凄い。ニ番目という命題(他人という定義)にたいして一生懸命に、健気に、可愛らしく振舞う「女性」を演じている”つもり”のパフォーマンスがコケットリーなのだ。

では、これだけのメンバーを揃えても叶わなかった、平手友梨奈の圧倒的な存在感をうち消すことが可能なアイドルはだれか?という「遊び」「愉しみ」を許されるならば、本命は、やはり大園桃子、ダンススキルならば平手友梨奈を凌駕する門脇実優菜、大穴として中井りかを私は挙げたい。

 

総合評価 75点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 16点

ボーカル 14点 ライブ・映像 16点

情動感染 15点

引用:見出し、(*1) AKB48 誰のことを一番 愛してる?

評価更新履歴
2019/02/04 再評価しました

歌唱メンバー:岡田奈々、小栗有以、小嶋真子、向井地美音、松井珠理奈、宮脇咲良、伊藤万理華、北野日奈子、齋藤飛鳥、寺田蘭世、星野みなみ、堀未央奈、今泉佑唯、菅井友香、平手友梨奈、渡辺梨加、渡邉理佐、長濱ねる

作詞 : 秋元 康 / 作曲・編曲 : 佐久間和宏

評価点数の見方

AKB48, 楽曲