NGT48 後悔ばっかり 評価

NGT48, 楽曲

(C)シャーベットピンクジャケット写真

「後悔ばっかり」

だって明日はまた来るし
当たり前って思ってた
君がずっと隣にいること
僕がそっぽ向いてても
他の誰かと話してても
絶対待っててくれるなんて
甘えてたんだ

後悔ばっかり/秋元康

歌詞について、

自分が誰かに愛されている、自分以外の誰かが自分のことを本気で考えている、という状況がどれほどの奇跡に包まれていたのか、往々にして、人はそれを失ったあとに気づく。しかもそれは失わないと気づけないものだし、失ったあとに気づいても、すでに取り返しがつかない。取り返しがつかなければつかないほど、彼女ことを強く想ってしまう。青春の反復こそ作詞家・秋元康の真骨頂だが、今作品はその白眉だろう。失った恋人を愛してしまったとき、はじめて人はほんとうの愛を知るという、感傷を歌っている。
ひな鳥のように後ろを付いてくる彼女。なにを言っても受け入れてくれる彼女。その彼女を失った「僕」の後悔……。こうしたズルい回想、写実的描写から逃れられる人間は、はたしてどれだけいるのだろうか。この歌詞には、詩情には個人的体験に照らし合わせ思考させる希求力がたしかにある。

この歌に対し、個人的体験を通して反抗するならば、この物語の主人公=「僕」の感傷に教えられるのは自己への過剰な愛である。「僕」は「君」のことを本当に愛してはいなかった、とそうおもう。なぜなら、自分の行動次第で未来は変わったはずだ、とこの「僕」は確信しているのだから。そこには「君」の感情が入り込む余地など残されていない。だから人は、「僕」は「後悔」するのだが。要するにこの詩情が帰結させるのは、無償の愛など存在しなかった、という場所である。
だがほんとうにそうだろうか、ほんとうに無償の愛というものは存在しないのだろうか。
たしかに、無償の愛やプラトニックラブを現実感覚から離れたものだと記す文学作品は多い。相手から反論されることがないプラトニックラブも、いざ現実に恋愛がはじまってしまえば、誰もが恋人に感情をぶつけ、怒り、口にすべきではない言葉を投げつけあい、果ては嫉妬といった醜い、自分の本性だとは到底みとめられない姿を目の当たりにすることになる、と。なるほど、それが世間に通底した、大人としての、現実の機微を眺めた、生臭い解釈なのかもしれない。しかし私の個人的体験を述べるのならば、心の底から恋い焦がれ、欲し、愛した女性と、幸運にも結ばれたとき、そのような衝突、生臭さは不思議と生まれないものだ。無償の愛、これはたしかにある。
無償の愛、などと表現してしまうと、あまりにもぼうっとした、幼稚なものに映るかもしれないが。しかしそれは実際に、現実に起こりえるものだ。そして、この幼稚とされてしまうもの、無垢なものの疑似体験こそ、今日の(しかし徐々に薄れつつもある)グループアイドルが把持するもっともつよい存在理由なのだ。

差し出された詩情のすべてを、アイドルを演じる少女へと結びつけるのは、避けるべきことなのかもしれない。だが恋に対する後悔を研究生の身にある少女たちに歌わせたことから、このアイドルとの出会いを無駄にするな、アイドルはいつ幻想の世界から旅立つかわからないぞ、というメッセージが作詞家から発せられているようにみえる。
また、加藤美南の「後悔」を前にして、なおかつ、歌うのは研究生という点を踏まえ、このような歌詞を書き上げてくる、というところに作詞家・秋元康のアイドルとのかかわり方、接し方が見えるのではないか。
作詞家の生来のイノセンスと、アイドルを通じて自身の過去の物語を大胆にも記そうとする情動の合致が、うまく壺にはまっている。素晴らしいの一言。

 

総合評価 67点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 17点

ボーカル 10点 ライブ・映像 10点

情動感染 16点

歌唱メンバー:安藤千伽奈、大塚七海、小越春花、加藤美南、川越紗彩、小見山沙空、佐藤海里、曽我部優芽、對馬優菜子、寺田陽菜、富永夢有、藤崎未夢、古澤愛、古舘葵、真下華穂、三村妃乃、諸橋姫向

作詞:秋元康 作曲:Itohkun. 編曲:APAZZI

   

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...

STU48 ヘタレたちよ 評価

「ヘタレたちよ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 7枚目シングル。セン ...