STU48 瀬戸内の声 評価

STU48, 楽曲

STU48 瀬戸内の声ミュージックビデオ(C)STU48

「自分は何を残せるのだろう」

ミュージックビデオ、楽曲について、

グループのコンセプト、あるいはマニフェストのような位置づけになる楽曲であるから、当然、力作となる。練られているし、凝っている、完成度はたかい。ファンにながく愛される楽曲になるはずだ。ただし、その感興は作り手の想像力の枠組みを出ようとしない。優れてはいる、だが、迫力はない。心に迫ってくるものがない。例えば、海と山に囲まれた町にあるジャズバー、その片隅で、元ちとせが上品なピアノ演奏にあわせて、小さく首を振りながら歌っていそうな楽曲、とでも言えばよいか。日常を演じることのスタートラインに立った少女たち。彼女たちの背中を力強く押すような、自己超克への可能性の幅を押し広げるような、「胎動」と機能する楽曲であれば手放しで称賛できたはずだ。

 

総合評価 67点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 14点

ボーカル 10点 ライブ・映像 15点

情動感染 14点

歌唱メンバー:磯貝花音、市岡愛弓、岩田陽菜、岡田奈々、尾﨑舞美、門田桃奈、指原莉乃、瀧野由美子、谷口茉妃菜、張 織慧、土路生優里、福田朱里、藤原あずさ、三島遥香、森 香穂、薮下 楓

作詞:秋元康  作曲:井上トモノリ  編曲:水島康貴

 

AKB48 相笠萌 評価

「ウィットに富んだアイドル」  相笠萌、平成10年生、AKB48の第十三期生。 ...

山下美月「センター」を検証する

「動機として、46時間テレビをふり返る」 「どうもこんにちは。あやめちゃん、こん ...

乃木坂46 帰り道は遠回りしたくなる 評価

「ここではないどこかへ」 ひとの人生は、過去になしとげたこと、現在なしとげている ...