STU48 瀬戸内の声 評判記

STU48, 楽曲

(C)STU48 瀬戸内の声ミュージックビデオ

「自分は何を残せるのだろう」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

STU48初のオリジナル楽曲。センターに選ばれたのは瀧野由美子。
グループのコンセプト、あるいはマニフェストのような役割をもった楽曲であるから、当然、力が入っている。よく練られているし、イメージの打ち出し方も凝っている。完成度高し、といったところか。グループのファンに、長く愛される楽曲になるはずだ。また今作品は、船上劇場の支配人を名乗った指原莉乃が歌唱メンバーに名を連ねた、最初で最後の作品でもある。
ただ、楽曲に触れた際に抱く音楽的感興のようなものが、作り手の想像力の枠組みから一切出ないようにも見える。優れてはいる、けれど、心を揺さぶる迫力、いや、魅力はないようにおもう。たとえば、海と山に囲まれた町にあるジャズバー、その片隅で、元ちとせが上品なピアノ演奏にあわせて、小さく首を振りながら歌っていそうな曲、とでも言えばよいか。歌詞を読むに、アイドルを通してなにかを伝えようとする、あるいは、音楽を通してアイドルの魅力を教えようとする、意志を受け取ることもできるが、そのどちらも壺に嵌っていないようにおもう。アイドルつまり自分ではないなにものかを、日常を演じることのスタートラインに立った少女たちの背中を力強く押すような、これからなにか途轍もないことがはじまるのではないか、と期待感に満ち溢れるような、希望の歌であれば、手放しで称賛できたはずだが。

 

総合評価 58点

聴く価値がある作品

(評価内訳)

楽曲 13点 歌詞 12点

ボーカル 8点 ライブ・映像 13点

情動感染 12点

歌唱メンバー:磯貝花音、市岡愛弓、岩田陽菜、岡田奈々、尾﨑舞美、門田桃奈、指原莉乃、瀧野由美子、谷口茉妃菜、張 織慧、土路生優里、福田朱里、藤原あずさ、三島遥香、森 香穂、薮下 楓

作詞:秋元康  作曲:井上トモノリ  編曲:水島康貴

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...