乃木坂46 トキトキメキメキ 評判記

のぎざか, 楽曲

トキトキメキメキミュージックビデオ(C)乃木坂46LLC

「オセロは白の勝ち」

歌詞、楽曲について、

3期生楽曲。センターに選ばれたのは岩本蓮加。
良い。練られている。特に書き出しが素晴らしい。「設定温度」と同じく、こういった俯瞰的描写は作詞家の得意とするところなのだろう。フォーメーション、歌割りもなかなか考えられている。アイドルのそれぞれが活き活きとしている。

映像作品について、

ミュージックビデオという箱の中にある複数の要素の中で、一体どの要素に対し、現在どのような興味と需要が発生しているのか、ゲーム理論的に、しっかりと把握しているのだろう。ファンの声量を摂取して、ファンの心を満たしてやることがヒット作になる、そういった心理のもと制作された映像作品だと感じる。アイドルがこれまでに打ち出してきたイメージを一つとして裏切らない、そんな映像が編まれてる。
狙い通り、満足度の高い、優秀な作品を仕上げた結果をみれば、『トキトキメキメキ』は成功を収めたと評価できるだろう。ビタミン剤のように、アイドル的香気にあふれた音楽を下敷きにしたその映像が、グループの、とくに3期を応援する多くのファンに興奮を与えている。
とはいえ、こういった作風では、作り手の矜持、絶対にここだけは譲れないもの、といった高尚さが作品に宿ることはない。『ブランコ』と比較すれば、作家の私情の暴走に欠ける。故に、センターポジションで踊る岩本蓮加のみならず、仮想に息づくアイドルのすべてが、作り手のイメージ、というよりも、作品のイメージから隔絶しており、アイドルの性格を一度も教えないまま、音が鳴り止む。アイドルがすでに打ち出した情報を汲み取り、かつ、その情報を支えにして、あたらしい情報=妄想を組み立てるような、志があれば、作品の内にアイドルの素顔、本音を拾うことができたはずだが。

 

総合評価 62点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 14点

ボーカル 12点 ライブ・映像 13点

情動感染 8点

歌唱メンバー:伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希

作詞:秋元康  作曲:中山聡、足立優  編曲:中山聡、足立優

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...