乃木坂46 曖昧 評価

「週刊ビッグコミックスピリッツ」3号表紙(c)小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ

「僕はここにいる」

歌詞、楽曲、ボーカルについて、

間断なく我執を砕きながら気まぐれに、息継ぎなしに展開して行く。アニメーションを言葉に移し替えるような描写。唐突にひきこまれ、つきはなされる。松村沙友理の作る外連が収斂を迎えた。フィクションへの思い込みが、虚構の通過が「見えない真実」に彼女を遭遇させたのかもしれない。ままならない日々、「キレイゴトばかりじゃない」毎日が、「自分の居場所を見つけたかった」、「必要とされたかったんだ」というモノローグが物語=嘘を作り「見えない真実」へと到達させた。演者でありながら、松村沙友理は詩的責任への関与を言い逃れできない。声優的演技と演出。アイディアの混載、丹念に作られた乱脈。「曖昧」にされた現実と虚構の境界線。『からあげ姉妹』を両足で立たせ機能を可能にしたのは生田絵梨花だが、しかし、その事実(過去)は揺さぶられ目眩が訪れる。『曖昧』のなかでは、生田絵梨花と松村沙友理は同一の視点で描かれていない。同じ物語の登場人物として扱われていない。「光と影」を遠望し空中に漂う生田絵梨花に対し、松村沙友理は絶望に戻っていく。彼女が「いる」のはここではない別のどこか。(*1)

 

総合評価 71点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 15点

ボーカル 16点 ライブ・映像 13点

情動感染 13点

歌唱メンバー:生田絵梨花、松村沙友理

作詞:秋元康 作曲:doubleglass 編曲:doubleglass

引用:見出し、(*1)秋元康 / 曖昧

評価点数の見方