日向坂46 耳に落ちる涙 評価

日向坂46「キュン」通常盤ジャケット(C)日向坂46

「変な泣き方だ」

歌詞、楽曲について

平易ではなく安易。創造とは何かに気づくことだが、『耳に落ちる涙』は目尻から耳に流れていく涙という対立命題的な発見、このたった一つだけのアイディアを頼りに書かれた詩なのだろう。写実的描写は一切なく、安易な想像力によってひねり出された描写に溢れている。「青春は迷路だった」や「何かムカついて」、このような恥知らずな科白に気恥ずかしさを感じさせない企み、誠意は放棄されており、とにかく痛々しい。(*1)
楽曲については、イントロダクションは『ハルジオンが咲く頃』のような爽快感を作るが中盤から終盤にかけて間延びしていて倦怠感を抱かされる。

けやき坂46として物語を描いていた当時の空気感を再現する楽曲に映るが、その狙いが透けていて呆れる。前を向けていない。表題曲に対し、通史を書くという視点、構成への美意識を欠いている、と云えるだろう。

 

総合評価 37点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 5点 歌詞 4点

ボーカル 12点 ライブ・映像 12点

情動感染 4点

歌唱メンバー:井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

作詞: 秋元康 作曲:西井昌明 編曲:若田部誠

引用:「」(*1) 秋元康 / 耳に落ちる涙

評価点数の見方