SKE48 山下もえ 評価

SKE48

山下もえ (C) スクランブルエッグon the web

「エンドロール」

山下もえ、平成4年生、SKE48の第一期生。
乃木坂46桜井玲香のダンス、そこで作られるアイドルの表情や身体の動きをはじめて見たとき、山下もえを想起した。枯淡を大衆に評価されず、むしろ無気力と誤解されてしまうのではないか、そんな気配をみせる桜井玲香に山下もえとの共時を想った。この個人的体験に頼るのならば、また、山下自身が桜井玲香とおなじようにアイドルの得物として「ダンス」をつよく掲げていた事実に鑑みれば、山下もえのライブ表現力は凡庸を凌ぐものだったと評価してもけして過褒にはならないだろう。ファンや同業者から彼女の作るアイドルに向けられた評価、あるいは山下もえから発せられた仲間への描写には、一貫して「ダンス」が原動力として宿っており、山下もえにとって、アイドルを演じる毎日のこころの支え、そこにはまず「ダンス」があり、自己のみならず、他者の作るアイドルへ向ける批評眼の根底、つまり笑顔や泣き顔を作る少女のこころの動きを捉えるもっとも有効な手段にも「ダンス」が用意されていたのだから、過剰な自意識に因る情動の発露を描く人物ながらも、本質的には、踊ることをアイドルのアイデンティティにした登場人物の一人に映る。
だが、グループアイドルとして文句なしのキャリアを築いた桜井玲香に対し、彼女の姿形をある意味では先駆けていた山下もえの物語はきわめて貧弱だ。オーディションに合格し、夢の扉をひらいてから1年余りで架空の世界を旅立っている。語るべき場面は少ない。ダンスが上手いのに”アイドル”のうだつが上がらない、現在では見慣れた光景だが、もちろん、まだカフェテーブルの上で物語を書いていた当時のシーンにもうんざりするほど響いた悲痛であり、山下もえもそのような苦しみにあてはまるアイドルと云える。桜井玲香の成功と山下もえの失敗から、アイドルシーンの有り様が変化した、などという安易な科白を置くつもりはないが、卒業の理由に「グラフィックデザイナーを目指すため卒業という道を選びました」と語った彼女が、結局、エンドロールを巻き戻すようにアイドルシーンの上に帰還し、現在も「アイドル」というコンテンツを生活の中心に置く動機には、自分が成功をつかめなかった熾烈なシーンの有り様が、いつの間にか公衆に屈服し、自分の作るアイドルでも輝ける場所に変化したのではないか、という仮定の出現によって、自己の可能性をどうしたって諦められない、夢を叶えることができない現実を受け入れられないのではなく、遠く薄れていく夢を諦めることが永遠に受け入れられない人間の、枯れないもだえがあるのではないか。*1

 

総合評価 49点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 14点

演劇表現 7点 バラエティ 7点

情動感染 10点

SKE48 活動期間 2008年~2009年

引用:*1 ナタリー / SKE48チームS山下もえ、年末Zeppワンマンをもって卒業

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...