SKE48 新海里奈 評価

SKE48

新海里奈 (C) 週刊AKB/AKS

「声」

新海里奈、平成4年生、SKE48の第一期生。
彼女が書いた物語からは、その物語の主人公の性格、つまりアイドル像をつくりあげることはできなかった。

乃木坂46の高山一実が象徴的な存在になるだろうか、奇抜な声質というのはアイドルにとっては、素顔の隠蔽に映る、ひとつの隘路への入り口となってしまう。インタビュー時に見せた、自身の作り上げるアイドルがパッケージ化され、商品棚に陳列されていく光景への、未知なる期待感と昂奮は、隘路を進むうちに、その狭い壁面に身体を擦りながら歩くうちに、綺麗に削ぎ落とされてしまったようだ。残るのは、少女の素顔ではなく、残酷な”アクチュアル”のみであった。

 

総合評価 39点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 7点

演劇表現 5点 バラエティ 10点

情動感染 7点

SKE48 活動期間 2008年~2010年

評価点数の見方