SKE48 新海里奈 評価

SKE48

新海里奈 (C) 週刊AKB/AKS

「ヘリウムボイス」

新海里奈、平成4年生、SKE48の第一期生。
平成の暮れ、現在、あらためて新海里奈が書いた物語を読むも、彼女の残したストーリーからは、その物語の主人公の性格、つまりアイドル像を作り上げ、両足で立たせることはできなかった。

乃木坂46高山一実が象徴的な存在になるだろうか、「奇抜な声」というのはアイドルにとっては素顔の隠蔽に映り、隘路への入り口となってしまう。インタビュー時に見せた、自身の作り上げるアイドルがパッケージ化され、商品棚に陳列されていく光景への、未知なる期待感と昂奮は、隘路を進むうちに、その狭い壁面に身体を擦りながら歩くうちに、綺麗に削ぎ落とされてしまったようだ。”もうヘリウム切れです”と朗々と語るアイドルが残したもの、それはアイドルを演じる少女の素顔というよりは、夢の残部の上に転がる、残酷な”アクチュアル”のような悔悟と反動であった。

 

総合評価 44点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 9点 ライブ表現 9点

演劇表現 5点 バラエティ 10点

情動感染 11点

SKE48 活動期間 2008年~2010年

 

NGT48 對馬優菜子 評価

「思いの強さが通じる」 對馬優菜子、平成13年生、NGT48のドラフト3期生。 ...

乃木坂らしさ とは

「乃木坂らしさ」 美しい「花」がある、「花」の美しさといふ様なものはない。 小林 ...

乃木坂46 掛橋沙耶香 評価

「ピカレスク・ロマン」 掛橋沙耶香、平成14年生、乃木坂46の第四期生。 『図書 ...