SKE48 小野晴香 評価

SKE48

小野晴香 (C)Mobile Media Production

「強き者」

小野晴香、昭和62年生、SKE48の第一期生。
緊張感を伝える獅子のような風貌は「個性」と呼んでもよいだろう。AKB48との差別化が命題として掲げられていた時代に、グループアイドルと乖離する自己の戸惑いを溢しつつも、桑原みずきと類似する剣呑な一面と相まってか仲間からの信頼は厚く、あたらしい群像を支える頼もしい登場人物を描いた。だが、素朴であるがゆえにアイドルとして作り上げる虚構の輪郭が曖昧で、内側に溜め込んだ魅力をファンの前で発散することにひどく苦戦した。仲間との強い絆はその代替品と云えるだろうか。平均を凌ぐ歌唱力の持ち主でもあり、反動的な容貌に反し、アイドルポップスと響きあうメイプルの提示は、文句なしの感興をあたえてくれた。

 

総合評価 50点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 9点 ライブ表現 13点

演劇表現 6点 バラエティ 11点

情動感染 11点

SKE48 活動期間 2008年~2012年

 

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...

海外ドラマとグループアイドル

「ウェントワース女子刑務所が面白い」 懇意にしているある劇団の、ある舞台女優から ...

乃木坂46 ワタボコリ 評価

「僕の命をあげる」 歌詞、楽曲について、 アイドルが口ずさむ詩としては「葛藤」が ...